開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社日本HP提供コンテンツ

  • 会員限定
  • 2010/12/24

ビジネス向け15.6インチノートPCの「本当に気になるポイント」を徹底比較!

15インチクラスの液晶を搭載したノートPCは、ビジネス向けでも家庭向けでも人気のあるジャンルだ。各メーカーからはビジネス向けに特化したパソコンがリリースされているが、導入の際にはどんなことに注目して選ぶべきだろうか。ここでは単なる性能や価格だけでない、本当に気になる部分をピックアップし、比較検証していく。

(製品比較の機種選定・比較は、ソフトバンク ビジネス+IT編集部が実施しています)

デスクトップPCからのリプレイスに最適な15.6インチノートPC

 ビジネスで使うパソコンの場合、省スペース性は非常に重要な要素だ。オフィスのスペースは限られており、パソコンが小さくなればそれだけ人間やほかの機材に使えるスペースに余裕ができるし、使用ブロックごとに賃料が発生するような契約のオフィスであれば、直接的なコスト削減につなげることもできる。

 いずれにしろ、まったく同じ作業効率をもたらすのであれば、小さいほど良いはずである。そして、省スペースを突き詰めると、やはりノートPCにたどり着く。本体とディスプレイ、キーボードと別々のコンポーネントになっており、設置場所も大きくとるデスクトップPCから、ノートPCへと置き換えることはオフィスの省スペース化において実に有効な手段と言える。

 もっとも、ノートPCといってもさまざまなジャンルがある。省スペース性ばかりを優先するわけにはいかない事情もある。なぜなら、パソコンの省スペース性と作業効率は必ずしも両立しないからだ。小ささだけを優先してしまうと、どうしてもパソコンの性能、機能、使いやすさといった部分が犠牲になってしまい、作業効率が低下してしまう。それでは本末転倒である。要するに、省スペース性と性能や機能のバランスのとれていることが重要であるということだ。

 上記を念頭においてノートPCのラインナップを見渡してみると、デスクトップPCからの置き換えにちょうどよいサイズ、性能、機能を持ったジャンルとして浮上してくるのが、15インチクラスの液晶パネルを搭載したノートPCだ。15インチあれば画面が小さ過ぎて見にくいということはほとんどないし、キーボードも広く確保できる。PCの性能や機能、使いやすさを確保しつつ、デスクトップPCに比べて格段に場所を取らない省スペース性を兼備。さらに、会議や長期出張の際にはすっと別の部屋や外に持ち出して使うこともできる使い勝手の良さを兼ね備えてた「ビジネス標準」のノートPCといえる。

国内メーカー2社+海外メーカー2社の製品を比較検証

 今回は、15インチクラスの中でも主流サイズの15.6インチの液晶ディスプレイを搭載した各メーカーのビジネスノートPCを集め、比較を行なった。取り上げる製品は、Vostro 3500(デル)、HP ProBook 4520s Notebook PC(日本HP)、VersaPro J タイプVD VJ26M/D-B(日本電気、以下、NEC)、LIFEBOOK A550/B(富士通)の4製品である。いずれも世界的によく知られた大手メーカーの製品である。

photo
Vostro 3500

デルの中小企業向けブランド「Vostro」の中核モデル。充実した機能と低価格を両立しているのが最大の魅力。優れたデザインも特徴の1つ。評価機の構成で8万5,000円前後。
photo
HP ProBook 4520s Notebook PC

ビジネスに必要な機能と性能を満たしながら、優れたコストパフォーマンスを実現。テンキー付きのキーボードなどビジネスシーンに最適化された仕様だ。評価機の構成で9万9,000円前後。
photo
VersaPro J タイプVD VJ26M/D-B

NECのビジネスPCブランド「Versa Pro」の主力モデル。優れたパフォーマンスと機能性を備え、デスクトップPCからのリプレイスに適している。評価機の構成で18万7000円前後。
photo
LIFEBOOK A550/B

富士通A4ノートPCシリーズの中核をなすスタンダードモデル。遠隔操作で暗号鍵の消去ができるCLEARSUREに対応した強固なセキュリティ機能に対応する。評価機の構成で22万2,000円前後。

 比較項目については、まず基本性能(パフォーマンスとサイズ)を取り上げる。どの製品もスペックをある程度BTOで選択できるため、単純な性能の優劣は重視しないが、スペックと実際のパフォーマンスの関係を見る上でも実測の結果を確認しておいたほうがよいだろう。そのほか、見やすさが業務の作業効率に直結する「液晶ディスプレイ」、使い勝手を左右する「インターフェイス」、データやレポートの入力に欠かせない「キーボード」、システム管理者の利便性やセキュリティ面を左右する「BIOS」の5項目を取り上げる。

チェックポイント 1 基本性能(サイズとパフォーマンス)
チェックポイント 2 液晶ディスプレイ
チェックポイント 3 インターフェイス
チェックポイント 4 キーボード
チェックポイント 5 BIOS
総合評価本当に気になるポイントを押さえた製品は?
コラム■より高いセキュリティを求めるなら「6550b」も!


お勧め記事

その他ハードウェア ジャンルのトピックス

その他ハードウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!