開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/12/24

セコム、「Suica」を利用した入退室管理システムを販売

セコムは24日、東日本旅客鉄道のICカード乗車券「Suica」に対応した入退室管理システムを販売開始すると発表した。

 セコムは、入退室管理システムの新たなラインアップとして、東日本旅客鉄道(JR東日本)のICカード乗車券「Suica」に対応したシステムを、24日から販売開始する。

 同社ではすでに、セコムワイヤレスICカード、マイフェア(MIFARE)、エルワイズ(eLWISE)、フェリカ(FeliCa)といったICカードに対応できる入退室管理システムの販売しているが、公共交通機関の利用で多くの人が所有しているSuicaを、セキュリティシステムの入退室管理用カードとして使用したいというニーズが高まっていたという。

 そこで同社は、Suica専用の入退室管理システムを新たなラインアップとして取り揃えた。すでに広く普及しているSuicaを、入退室管理という日常に密着したシステムと融合させることで、社会生活のさらなる利便性向上が期待できるとしている。

お勧め記事

ID・アクセス・ログ管理 ジャンルのセミナー

ID・アクセス・ログ管理 ジャンルのトピックス

ID・アクセス・ログ管理 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!