開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/01/19

ネットジャパン、1ライセンスでWindows/Linuxに対応の仮想環境向けバックアップ「ActiveImage Protector 2.8 Virtual Edition」発表

ネットジャパンは、仮想環境向け「ActiveImage Protector 2.8 Virtual Edition」を発表した。

photo
「ActiveImage Protector 2.8 Virtual Edition」パッケージ画像
 ネットジャパンは、仮想環境向けバックアップソリューションの最新版「ActiveImage Protector 2.8 Virtual Edition」を発表した。

 「ActiveImage Protector 2.8 Virtual Edition」は、1ライセンスでWindows/Linuxの両方のバックアップに対応し、追加ライセンスが不要。また、「仮想環境ライセンス」採用により、物理マシン1台に対して1ライセンス購入すれば、その物理マシン上で稼動する仮想OSの種類と数に制限なくインストールして使用することが可能だ。

 本製品は、1月25日から出荷開始される予定となっている。

お勧め記事

バックアップ・レプリケーション ジャンルのセミナー

バックアップ・レプリケーション ジャンルのトピックス

バックアップ・レプリケーション ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!