開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/02/08

HTTPS通信もフィルタリング対象に、ALSIがWebフィルタリングソフトの新バージョンを発売

アルプス システム インテグレーション(以下、ALSI)は8日、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」およびアクセスログ分析ソフト「InterSafe LogDirector(インターセーフ ログディレクター)」をバージョンアップし、2月28日より発売すると発表した。

 今回発表された「InterSafe WebFilter Ver.7.0」では「HTTPSサイト」の通信内容を解析できる機能を標準で搭載。HTTPSサイトのURL単位でのフィルタリングや、書き込み規制、書き込み内容・添付ファイルのログ出力が可能になり、HTTPS通信に対応したSNSやWebメール、ストレージサービスなどを利用した不正書き込みや内部情報の流出を監視・抑止し、利用状況や用途に応じた利用が可能になる。

 また、出力したログは、ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」やログレポートツール「LogLyzer」に取り込み、書き込み内容や添付ファイルを復元できる。

 さらに、特定のURLの閲覧を規制/許可する「例外URL機能」に新機能を追加。通常は閲覧を制限しているニュースサイトや特定のイベント情報などを、業務の都合などにより、有効期限を設けて閲覧を許可することができるほか、頻繁にURLが変更されるコンテンツに関して、URL中の固定文字列部分のみを登録し、それ以外を「ワイルドカード(*)」にしておけば、常時フィルタリングが行える。

 また、無償バンドルのログ分析ソフト「InterSafe LogDirector Ver.2.0」では、「誰が」「いつ」「どんなサイトで」「何回」「何を行ったのか」など、マウスクリックをするだけでユーザー別、グループ別、サイト別、日別、時間帯別などの条件で簡単に絞り込むことができ、見たい情報だけを抽出できるという。

photo
InterSafe LogDirector Ver.2.0のログ管理画面

 プロフェッショナル版では、毎日・毎月の集計レポートをメールで定期的に自動配信することが可能。また、あらかじめ設定した禁止行為(例:ウイルス感染サイトやアダルトサイトなどの閲覧、掲示板への書き込みなど)を行った利用者を検知し、自動で管理者にアラート通知することもできる。

photo
今回新たに追加された機能


 「InterSafe WebFilter Ver.7.0」の価格は、一般ライセンスが5万2,500円から、政府官公庁向けのガバメントライセンスが4万2,000円から、アカデミックライセンスが3万1,500円から。企業、自治体、官公庁、学校などでの利用を見込む。

お勧め記事

フィルタリング ジャンルのトピックス

フィルタリング ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!