開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/07/25

ソフトバンクモバイル、メール接続情報システムにデータグリッド製品「Oracle Coherence」を採用

日本オラクルは25日、ソフトバンクモバイルのインターネットおよびメールの接続情報システムに、同社のインメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence(オラクル・コヒーレンス)」が採用されたと発表した。

 「Oracle Coherence」は、複数ハードウェアから構成されたサーバー群で仮想的な共有メモリ領域を確保して、大量のデータを高速処理するインメモリ・データグリッド製品。

 ソフトバンクモバイルの契約者数は2011年6月末時点で2600万を超え、スマートフォンなどによる通信量の増加が課題になっていた。今回、既存システムと連携し、高い耐障害性と規模拡張性を実現できるインメモリ技術として、オラクルの「Oracle Coherence」を採用。これにより、ネットワーク層でインターネットやメールの接続情報の認証が可能になるという。

 ソフトバンクモバイルでは2012年中に、「Oracle Coherence」を基盤としたインターネットおよびメールの接続情報システムの稼働開始を目指す。

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!