開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2011/10/04

野村総合研究所、リアルタイムの各種金融情報提供サービス「e-AURORA Beacon」を開始

野村総合研究所(以下、NRI)は4日、金融機関と一般事業法人向けに、リアルタイムの各種金融情報を提供するサービス「e-AURORA Beacon(イーオーロラ ビーコン)」を開始すると発表した。

 「e-AURORA Beacon」は、国内株式情報を中心に、国内外の金融関連指標データ、外国為替、投資信託などの分野をカバーした金融情報サービス。証券会社、銀行、資産運用会社の運用部門や営業店だけでなく、一般事業法人の資産運用部門での利用も見込む。

 「e-AURORA Beacon」は、業務上の必要性に応じて、利用する情報や機能を選択し、個別にカスタマイズできる。たとえば、リアルタイムデータかディレイドデータのどちらかを選択したり、海外指標データを含めるかどうかなど、利用目的に合わせた必要情報に絞ることで適正なサービス価格で提供できるとしている。

 「e-AURORA Beacon」では、株式銘柄の登録画面、複数気配、株価チャートなど、複数の画面を自由にレイアウトできる“マルチウィンドウ”で利用できる。多様なチャート操作やExcelデータ連携にも対応しつつ、仮に検索したい証券コードが分からない場合でも、マウス操作で情報を取得することができるなど、簡易な操作性を特徴とする。

photo
「e-AURORA Beacon」の画面イメージ

 NRIでは今後、「e-AURORA Beacon」で提供するコンテンツの拡充を行うとともに、NRIの他のソリューションと連携したサービス提供を実施していく考え。

お勧め記事

その他情報系 ジャンルのセミナー

その他情報系 ジャンルのトピックス

その他情報系 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!