開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/10/12

キヤノンITS、SaaS型でスマホ管理するMDM製品を発表 iOS、Android、Windowsに対応

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は12日、スマートフォン/タブレット管理(MDM)ソリューションを、2012年2月よりSaaSサービスとして提供すると発表した。iOS、Android、Windows Mobileに対応し、今後Windows Phone7にも対応予定。

 キヤノンITSが発表したMDMサービスは、同社のITサービス共通基盤「SOLTAGE」を利用して、米AirWatch社の「AirWatch」を活用したもの。自社によるシステム管理が不要なため、初期投資を抑えたスモールスタートや、ビジネス環境の変化に合わせたスケールアップが行える。

 MDMの機能としては、スマートフォン/タブレットのリモートワイプ、ロック機能、ポリシーやアプリケーションの配布・適用機能などが備わっている。また、マルチテナント型で複数の企業、部門で利用でき、日本語を含む多言語に対応する。そのほか、SDKフレームワークの提供や、メールやSMSを使用した通知、インテリジェントレポート機能、GPS管理機能などを備える。

 価格は1デバイスあたり月額300円(税抜)。2012年2月より提供を開始する。

photo
サービスの価格と提供時期

 キヤノンITSでは、発売初年度は150社3万デバイス、発売後3年間で600社15万デバイスのライセンス契約を目指す。

お勧め記事

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!