開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/10/26

電通とマイクロソフト、ソーシャルメディアマーケティングで提携 第一弾はFacebook展開を支援するサービス

電通と日本マイクロソフトは26日、ソーシャルメディアマーケティング領域における業務提携を行うことで基本合意したと発表した。

 電通と日本マイクロソフトは26日、ソーシャルメディアマーケティング領域における業務提携を行うことで基本合意したと発表した。日本の広告主向けの各種ソーシャルメディアマーケティングソリューションを、マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure Platform」上に構築する。

 日本マイクロソフトがサービスの提供基盤と開発リソースの提供、電通が広告コミュニケーションの企画と設計、電通子会社の電通レーザーフィッシュ(DRF)がサービスの構築と運用を行う。

 今回の業務提携の第一弾として、日本マイクロソフトとDRFが開発支援を行って、リード・レックスが開発したFacebookなどのソーシャルメディアに向けたコンテンツ管理ツール「sociobridge(ソシオブリッジ)」をDRFが総販売代理店となって本日より提供を開始する。

photo
「sociobridge」サービスイメージ

 「sociobridge」は、Facebookの企業ページの運用初心者にわかりやすいインターフェイスを備え、Facebookページへの投稿および承認機能、投稿内容監視機能などの基本機能に加えて、カスタムタブの制作、簡易アプリの搭載ができるといった機能を備えている。

 価格は、初期設定費用8万5,000円、月額8万5,000円から。

 電通は2月に米FacebookとFacebook活用マーケティング・サポートで業務提携しており、同社からの技術情報やサービス事例などをもとに安定したサービス提供を実現するという。また、日本発のソーシャルメディアマーケティングサービスとして、グローバルに展開していくことも予定しているという。

お勧め記事

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!