開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/02/29

制御システムのセキュリティについて3つの注意喚起、IPA

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は29日、複数の制御機器の脆弱性情報の公表を受け、制御システム運用者に注意を呼びかけた。

 IPAの注意喚起は、2012年1月に米ICS-CERTが、工場の生産ライン、電力や化学プラント、重要インフラ等で使用される複数社の制御機器PLC(Programmable Logic Controller)において、複数の脆弱性(バックドア、暗号や認証不足、弱いパスワードなど)を公開した(発表PDF)ことなどを受けたもの。

 これらの脆弱性を狙われて攻撃されると、制御機器を外部から不正操作されてしまう可能性がある。また、公開された実証コードとの関連は不明ながら、海外では脆弱性が発見された機器において動作不良や異常動作と思われる事象も報道されているという。同発表では、実際の攻撃に悪用可能な実証コードも公開されている。

 IPAでは、制御システムを利用している企業向けに、既知の脆弱性によって攻撃されることのないよう、下記の項目について確認するとともに、機器の開発ベンダーの情報を注視し、適切な対応を検討・実施するよう促している。

 1つめは、悪用可能な実証コードが発表された脆弱性の制御機器の有無の確認。ICS-CERTの発表では、日本の光洋電子工業や米GEなど、日米のメーカーの5社、6製品について攻撃に悪用可能な実証コードが公開されている。該当製品の利用有無を確認する必要がある。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

セキュリティ戦略 ジャンルのトピックス

セキュリティ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!