開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/05/15

富士通テンとインドの自動車部品製造・販売会社N K ミンダグループ、デリーに合弁会社設立へ

富士通テンは、インドの自動車部品製造・販売会社N K ミンダグループとデリーに合弁会社を設立することを発表した。

 富士通テンとインドの大手自動車機器メーカーであるN K ミンダグループは、カーインフォテインメント製品(カーナビゲーションやカーオーディオなど)の製造と販売を行う合弁会社をそれぞれ設立することで合意し、合弁契約を締結した。

 インドは、新車販売台数が2010年に300万台を越え、自動車産業の裾野が急速に拡がりつつあるという。製造会社では、CDチューナやディスプレイオーディオ、カーナビゲーションシステム(AVN:Audio Visual Navigation)、車載用スピーカを製造する予定だ。今後、工場をハリヤナ州バワール工業団地に建設し、2013年10月から生産を開始する予定となっている。

グローバル化 ジャンルのトピックス

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!