開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2012/06/25

YKK、工場の電力消費量を見える化する「エネルギーマネジメントシステム(FEMS)」を稼動

YKKは、電力消費量を見える化する「エネルギーマネジメントシステム(FEMS:Factory Energy Management System)」を富士通と共同で開発し、ファスナーの製造拠点である黒部工場のファスニング事業金属材料製造部で、同システムの本稼働を開始した。

 今回導入されたFEMSは、熔解炉などの生産設備機械ごとに設置された電力センサーから1分単位でデータをリアルタイムに収集し電力消費量の見える化を行う仕組み。

 生産製造条件と対比・解析を行い、最適な生産状況(ベストプラクティス)を特定・再現することでエネルギー削減を行うだけでなく、ファスナーの製造工程における、生産品質や生産性の向上につなげることが可能になる。

photo
YKKのシステムイメージ図

 第一段階として、YKKの国内ファスナー製造工程において約25%(原油換算値)のエネルギー量を占める金属材料製造部で4月より本稼働を開始した。

 今後は本システムをYKKグループの他事業およびファスニングの海外拠点へ展開する予定で、本プロジェクトで把握・蓄積したノウハウを、グループ全体でのエネルギー削減、電力およびCO2排出量の削減につなげていくという。

環境対応 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!