開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/07/19

伊藤忠商事、英国のアパレル製造・卸業企業Bramhope社を買収

伊藤忠商事と伊藤忠欧州会社は、英国のアパレル製造・卸業企業Bramhope社を買収した。

 伊藤忠商事と伊藤忠欧州会社(本社:英国ロンドン)は、英国大手アパレル製造・卸業のBramhope Group Holdings Ltd.(本社:英国ハスウェイト、以下「Bramhope社」)の100%株式を取得することについて合意し、契約を締結した。

 Bramhope社は、2000年に設立されたアパレル企業で、英国屈指の小売企業であるMarks&Spencerを主力販売先とし、同社のアパレル仕入れにおいてトップランクの高いシェアをもつ。また、インド、スリランカ、カンボジアの自社工場、およびその他アセアン諸国の提携工場などの生産背景をもつ。特に、繊維製品の生産地カンボジアでは、品質の追求、コスト低減の実現のほか、工員に英語・IT教育を行うなど研修にも力を入れ、工員が安心して働くことのできる労働環境を備えた工場として現地政府から表彰されるなど、社会的貢献の観点からも評価されているという。

 伊藤忠商事では、欧州を巨大な消費市場としてとらえ、商権の拡大をめざし、また中国に続く繊維製品の安定的な生産背景を模索しており、Marks&Spencerとのビジネスの拡大や、中国以外のアジアにおける新たな生産拠点の獲得などのシナジー効果を期待して今回の株式買収に至った。今後、伊藤忠商事は、Bramhope社の企画・生産プラットフォームを活用し、伊藤忠欧州会社を通じて、欧州における有力小売各社に対する繊維製品の販売を戦略的に加速していく方針だ。

お勧め記事

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!