開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/07/24

VMware、OpenFlow推進の「Nicira」を買収 SDN分野へ本格参入

VMwareは、ネットワーク仮想化ベンダのNiciraを買収すると発表しました。Niciraはネットワーク分野の新技術として注目されるOpenFlowを推進しており、VMwareはNicira買収でSoftware-Defined Network(SDN)の分野へ本格的に乗り出すことになります。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 VMwareは、ネットワーク仮想化ベンダのNiciraを買収すると発表しました。Niciraはネットワーク分野の新技術として注目されるOpenFlowを推進しており、VMwareはNicira買収でSoftware-Defined Networkの分野へ本格的に乗り出すことになります。

 プレスリリースから、VMware CEOのポール・マリッツ氏。

“The acquisition of Nicira adds to our portfolio of networking assets and positions VMware to be the industry leader in software-defined networking.”

このNicira買収は、私たちのネットワーク製品群および業界でのポジションにおいて、Software-Defined Networkingのリーダーにするものだ。

(ちなみにポール・マリッツ氏はまもなく退任予定)

NiciraはOpenFlowの中心的な企業

 Niciraは今年の2月にステルスモードから脱して正式な製品発表を行ったばかりです。しかし同社が製品の基盤技術として採用している標準技術のOpenFlowは、これまでベンダごとに異なっていたネットワーク機器の構成などを共通のプロトコルを用いて標準化することを意図したもので、これまでネットワーク管理者が手動で行ってきたネットワークのスイッチやルータ、ファイアウォールなどの構成をソフトウェアを用いて自動的に構成できる、いわゆるSoftware-Defined Networkを実現する技術として昨年からネットワーク業界の台風の目となっていました。(関連リンク:東大 江崎浩教授xNEC 岩田淳氏対談:クラウド時代に求められるテクノロジー「OpenFlow」とは

 Niciraは、そのOpenFlow開発における中心的な人物、マーチン・カサード氏やニック・マキューン氏らによって設立された企業で、OpenFlowの技術を軸にネットワーク仮想化を実現する製品をリリースしていました。

【次ページ】VMwareの今後の戦略は?

お勧め記事

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのセミナー

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのトピックス

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!