• 2012/07/31 掲載

日本オラクル、「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」を発表 仮想化、サーバ集約機能が強化

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本オラクルは31日、ストレージからアプリケーションをすべて含めたアプライアンス「Oracle Exalogic」向けのソフトウェア「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」を発表した。プライベートクラウド環境向けに、新たに業務アプリケーションの仮想化、サーバの集約が可能になる機能などが加わった。
photo
Oracle Exalogic Elastic Cloud
 「Oracle Exalogic Elastic Cloud」は、物理サーバやストレージ、ネットワーク、OS、ミドルウェアを一体化し、Javaベースのアプリケーションなどを集約し、クラウド環境で超高速に実行できるように設計されたアプライアンス製品。

 今回新たに仮想化ソフトウェア「Oracle VM」へ対応した。また、内部接続のInfinibandと関連ソフトウェアを最適化する「Oracle Exabus」により、従来技術に比べて帯域を4倍高速化、遅延を6分の1に短縮した。

 さらに、「Oracle Enterprise Manager 12c」によりアプリケーションからディスクまでの管理を統合。プライベート・クラウド環境で複数のアプリケーションを集約・管理できる。なお、アプリケーションごとに完全に分離することでセキュリティ・リスクも解消しているという。

photo
Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0の画面

 そのほか、トラフィック処理を動的に管理する「Oracle Traffic Director」によって、大量のアプリケーション・トラフィックをセキュアに管理できる、としている。

 最小構成価格は、ハードウェア構成と「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software」を含んだ「Oracle Exalogic Elastic Cloud」(1/8ラックモデル)が、5,078万8,500円(税込)。

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます