開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/08/21

企業でスマホを利用する際の盲点、危険性を認識していても使ってしまうWi-Fiの野良スポット

スマートフォン市場の拡大により、ネットワークトラフィックが増大する中、輻輳(ふくそう)の回避にWi-Fiへのオフロード(迂回路)強化が本格化している。カスペルスキーが5月に発表した調査結果によれば、スマートフォンユーザーのおよそ半数は、無料のアクセスポイントを利用していると報告しているという。しかし、Wi-Fiのアクセスポイントは必ずしも安全ではない。今回はセキュアなWi-Fi接続環境について改めて考えてみたい。

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

Wi-Fi接続は単なる「迂回路」ではなくなりつつある

 Wi-Fiスポットの設置では遅れていたNTTドコモも、端末のスマートフォン化戦略に伴うデータトラフィックが回線の帯域を圧迫するとして、Wi-Fi接続との併用を店頭の説明などでも奨励しはじめた。他の通信キャリアにとっても、増大を続けるネットワークトラフィックをさばくためには、データのオフロード(迂回路)強化は喫緊の課題となりつつある。

 また、ユーザーの目線で見ても、自宅に高速な固定回線とモバイルルーターがある場合、家の中ではWi-Fi接続が主流となりつつある。ダウンロードやストリーミングの安定性や速度では、3GやLTEより自宅Wi-Fiが勝るからだ。

 数年前は、3.9Gや4Gの時代になれば、屋外のWi-FiスポットやWiMAXまで必要なくなるのでは、といった議論さえ交わされていたが、急激なモバイルデバイス市場の成長は、複数のネットワークによる迂回路がなければサービスもままならない状況を作り出している。

 このように、あらためてWi-Fiが注目される中、今年の5月にカスペルスキーが発表したレポート『Digital Consumer’s Online Trends and Risks』が興味深い。調査対象はロシア、EU、北米と日本国外が主流だが、日本企業が得られる知見も少なくないだろう。

【次ページ】スマートフォンの半数以上が「野良スポット」に接続

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのトピックス

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!