開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/01/25

店舗で不用意にWi-Fiできない時代が到来?米国で新たに登場した来客管理サービス

日本ではモバイルデバイスのアプリが収集する個人情報が問題となっているが、米国でも同様に特定個人への名寄せができない匿名性を確保したうえで、店舗への来店人数や履歴が分析できる「Euclid Zero」というサービスがリリースされた。モバイルデバイスが発しているWi-Fi情報を利用したものだが、はたして匿名性は本当に確保されているのだろうか。Euclid社のプライバシーポリシーから検証してみよう。

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

IPアドレスを収集しないライフログ管理

photo
Euclid Zeroの紹介ページ
 米国で4日(現地時間)、「Euclid Zero」というサービスがリリースされ、IT系の媒体のいくつかがその内容について報じた。日本でも翻訳記事などが報道されているので、ご存じの方もいるかもしれない。Euclid Zeroの運営企業であるEuclidは、Google Analyticsの母体となったUrchinの作者、ウィル・スミス氏が立ち上げた企業だ。

 新しく提供を開始したEuclid Zeroは、スマートフォンなどが発するWi-Fiの信号を利用して、店舗や施設に訪れた人をカウントし、集計・解析するというクラウドサービスだ。店舗側は、Euclid Zeroに対応した企業向けの無線LANソリューションを導入すれば(あるいは導入していれば)、カメラや光学センサー、カメラ付きデジタルサイネージなどの専用の設備なしで、来店者数、初来店なのか再来店なのか、再来店の場合、その前はいつ来たのか、来店の頻度は、といった情報を把握することができる。また、解析レポートでは、収集したデータを時間、日にちといった単位で統計データの推移も見ることができる。

 現状で、このサービスに対応しているWi-FiソリューションはAerohive Networks、Aruba Networks、Fortinet、Xirrusの4社である。来客をカウントする原理は、Wi-Fi接続をONにしたスマートフォンが、周辺のWi-Fiスポット(アクセスポイント)を探すための信号に含まれるMACアドレスを識別情報として利用する。

匿名性はどのように確保されているのか

 この段階で端末は、アクセスポイントの無線LANやその先のWAN(インターネット)には接続していないが、端末固有のMACアドレスで顧客(端末)の識別は可能である。

 Euclid ZeroではMACアドレスのみを識別子として、来店を管理するので、IPアドレスや端末内の個人情報やアドレス帳などは取得・保存しないとしている。

 さらに、同社は、このサービスを店舗が利用するにあたって、同社が設定するプライバシーポリシーに従うこと、ユーザーが容易にサービスのオプトアウトを選択できるようにすることなどに同意することを条件としている。

 必要以上に個人情報を取得しないよう配慮がなされているが、反面、サービスを利用する店舗側にしてみれば、店に訪れたかどうかがわかっても、その人の性別や年齢、住所などの属性情報や、購入したのかどうかがわからなければ意味がないと思われるかもしれない。

 この点についてEuclidは、店舗が独自のアプリを提供して、ユーザーが同意すれば、取得したMACアドレスからその端末のアプリに対して、クーポンや商品案内、履歴を利用したレコメンド、ターゲティング広告などを配信することを認めている。

【次ページ】考慮すべきは複合サービス全体のセキュリティ

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!