開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/06/26

ANAホールディングス、エアアジアとの共同事業を解消し100%子会社へ

ANAホールディングスは、AirAsia Berhadと共同で出資しているエアアジア・ジャパンの共同事業を解消し、エアアジア・ジャパンの運営を主体的に行っていくことを発表した。

 今回の共同事業解消は、ANAホールディングスとAirAsia Berhadの双方で運営を行っていたエアアジア・ジャパンについて、日本マーケットに合致したビジネスモデルに改め、ANAホールディングスが主体的に当該社の運営を行えるようにすることを目的としたもの。

 共同事業解消の主な内容としては、エアアジア・ジャパンをANAホールディングス100%子会社とすること、エアアジアブランドの使用を2013年10月31日までとすることが発表されている。

 なお、ANAホールディングスは、共同事業解消後についても、引き続き成田を中心としたLCC事業を継続する方針だ。

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

M&A・提携・協業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!