開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/07/30

NTTがドワンゴに5%出資、映像&ソーシャルで世界に類を見ないサービス・技術を

NTTとドワンゴは29日、NTTの研究所が持つ技術の高度化や適用領域の拡大と、ドワンゴが提供するniconico(ニコニコ動画・ニコニコ生放送)などのサービスの進化、より効率的なサービス提供を図ることを目的に業務提携を実施したと発表した。今後、両社では、「サービスやユーザーインタフェースの高度化」「サービス利用環境の品質向上」といった具体的な検討テーマごとに共同研究、共同実験を進めていく。

 今回の業務提携では、具体的な検討テーマごとに、両社の強みを持ち寄ることで、ドワンゴの動画コミュニティサービスのさらなる進化と品質向上、並びにNTTの研究所が持つ次世代のメディア・UI/UX技術やネットワークアーキテクチャ技術の確立を図っていくという。

 現時点で決まっている検討テーマは大きく2つ。1つは、サービスやユーザーインタフェースの高度化。niconico(ニコニコ動画・ニコニコ生放送)などにおける多様な創作、コミュニケーション文化から生まれ続ける大量のデータ(動画、視聴コメントなど)に対して、NTTの研究所が持つメディア・UI/UX技術の実証を通じて、サービスやユーザーインタフェースの高度化を図る。

 具体的には、動画閲覧時の動画検索における高度化や新たな動画視聴方法の提供、サービスと音声認識技術との連携などに共同で取り組むことで、革新的なユーザー体験の実現などを目指すという。また、得られた成果をもとに、さらなる技術の高度化や適用領域の拡大の検討を進めていくという。

 もう1つは、サービス利用環境の品質向上。NTTの研究所が持つネットワーク・通信サービス品質評価技術やノウハウを用いて、実際のユーザー体感に基づき、サービスの品質をネットワークや端末・アプリケーションなどトータルで最適化することで、高品質なユーザー利用環境の実現を目指すという。

 また、将来さらなる拡大が見込まれる映像&ソーシャルサービスの高品質化や低コスト化に必要となるネットワーク技術の高度化に向けた検討を進めていく考え。

 今回の提携に伴い、NTTはエイベックス・グループが保有するドワンゴ株式の4.99%を約50億円で取得する。取得予定日は8月2日。

新製品開発 ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!