開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/08/14

トッパン・フォームズ、社員証や学生証などのIDカードの自社運用を従来比1/3の価格に

トッパン・フォームズは13日、社員証や学生証などのID(IC)カードを多目的に使用できるように、IDカードの情報を自動で編集・連携するプログラム「ID工房Assist」を開発し、自社のIDカード発行システムに無償バンドルすると発表した。従来の約3分の1の価格(およそ200万円)でIDカード発行の自社運用が可能になるという。

 トッパン・フォームズが本プログラムを開発したのは、個人情報保護の観点からIDカード発行機を自社運用するケースが増加していること、また、1枚のIDカードをコピー機の個人認証や勤怠管理など複数用途で使用するようになり、カードの追加発行や情報の追加登録などが逐次必要になっていることなどがあったという。

 IDカードに登録する情報は利用する機器やメーカーで異なるため事前の編集が必要だが、自動編集機能がついていないシステムでは一件一件手入力で登録・管理する必要があった。しかし今回トッパン・フォームズが今回開発したプログラムは自動編集機能がついているため、自社運用の事務負荷が改善される。

 今回新たに提供するプログラム「ID工房Assist」により、同機能を持つ他社製品に対し、約3分の1の低価格を実現。また、本プログラムは、データ編集の設定など、ユーザーが設定できるインターフェースを搭載した。さらに、 データチェック機能(項目数、最大文字数、日付)により、データのインポートエラーをなくし、発行データの編集と連携機能により、大幅に事務の省力化が図れるという。

photo
上位連携機能とカード発行機能により自社負荷が軽減される

 トッパンフォームズは小規模な自社発行システムの販売から大量の発行受託まで対応できる体制を整備。今回のプログラム開発を機にIDカードを発行する一般企業や大学等教育機関に向けて、2013年度に3億円の売上を目指す。

RFID・ICタグ・NFC ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!