開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2013/08/14

企業のXP搭載パソコンの割合、6月時点でも4割超 消費税増税で駆け込みも

ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(以下、Gfk)は13日、B2B市場におけるパソコンの販売動向を発表した。これによれば、2013年上半期(1-6月)のB2B市場におけるパソコンの販売数量は前年比13%増となった。Windows XPサポート終了への対策未着手企業も多く、期限が切れる直前までリプレース需要は底堅い見込みという。

 Gfkによれば、B2B市場におけるパソコンの販売は年初来活況を呈しているという。6月はパソコン全体で数量前年比25%増と高い伸びを見せ、2013年上半期(1-6月)では同13%増を記録した。市場を押し上げているのは2014年4月に迫ったWindows XP(以下XP)のサポート期間終了により拍車のかかるリプレース需要だ。サポート期限後もXPを使い続けることはセキュリティー面でのリスクを高めることになるため、同需要を喚起しているという。

photo
パソコン販売数量前年同期比増減

 また、GfKが実施したIT担当者向け調査によれば、企業におけるXP搭載パソコンの割合は2013年6月時点でも平均で4割を超えていることが明らかになった。特に中小企業ではその割合が高かった。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

PC・ノートPC ジャンルのトピックス

PC・ノートPC ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!