開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/02/03

関西流ベタベタIT商法の挑戦105~大阪発の発明が医療現場のスタンダードになる

合同会社 関西商魂 代表 中森勇人

風邪のシーズン到来で、薬を飲む機会が増えてくるこの季節。厄介なのは口に残る苦みや喉を通るときの異物感だろう。これを一挙に解決する服薬法を発明したのが大阪市に本社を構えるモリモト医薬だ。開発の指揮を執った盛本修司社長(54) は「当社の服薬補助ゼリーキット『GTパック』は次世代の薬の飲み方を実現しました。固形感がなく、おいしく服薬できます」と話す。まったく新しい服薬法にいま、世界中の注目が集まっている。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

ニガイ薬をおいしく飲む

 《水もスプーンも要りません。いつでも、どこでも、どなたでも、お薬がラクに飲めます》のキャッチフレーズ通り、GTパックを使えば、これまで苦痛を伴っていた服薬が簡単にできるというのが売り。商品名の由来は「グット・テイスト&ゲル・トゥゲザー」。大阪弁に意訳すると、「ニガイ薬もうまいゼリーと一緒に飲んだらエエねん」と言ったところだろうか。

 「たかが薬を飲むくらい」と突っ込まれそうだが、高齢化が進む日本では、いま服薬が大問題になっている。盛本社長は「介護や医療の現場では錠剤が飲めない高齢者のために粉ふんさい砕しておこなっています。労力や時間がかかるうえ、成分が落ちてしまい、薬剤師の薬害も否めません。ましてや飲みにくいことを理由にせっかく処方された薬が破棄されてしまうこともあります。統計によると捨てられる薬の量は4~5割に相当し、年間500億円にものぼります」と話す。

 1982年に大手製薬会社に入社して以来、一貫して医療に携わってきた盛本社長にとって、これは由々しき問題であり、十数年の歳月をかけて取り組んできたライフワークでもある。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

中堅中小企業 ジャンルのセミナー

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!