開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/02/24

Firefox OSの普及に向け、リクルートとMozillaが協働

リクルートホールディングス(以下、リクルート)は24日、Mozilla Corporation(以下、Mozilla)と、Mozillaが提供するFirefox OSの普及に向けた協働を発表した。具体的には、下記の通り、多言語対応アプリの開発、日本におけるアプリの開発、開発支援と普及の促進活動を行っていくという。

 Firefox OS は、すべてがWeb標準技術に基づいて開発された初めてのオープンWebデバイス向けOS。Webアプリはデバイスのあらゆる基本機能にアクセスし、HTML5の障害を回避して、優れたパフォーマンスを提供する。このプラットフォームの柔軟性により、Firefox OSを搭載するスマートデバイスは、すべての機能をHTML5アプリケーションとして開発でき、顧客のニーズに応じたサービスを提供できる。

 リクルートでは、Webテクノロジーをベースとした新たなOSの進化を見据えて、Firefox OSを提供するMozillaとの協働開始にいたったという。今回の協働において、両社は以下の3つの取組みを実施する。

1.グローバルマーケットへの対応
 Firefox OS向け英語対応アプリとして、蜷川実花監修カメラアプリ『cameran』を24日にリリース。また、3月には写真・動画共有アプリ『SeeSaw』をリリースする予定。これらのアプリはFirefox Makretplaceを通じてグローバルにダウンロードすることができる。

2.日常消費領域アプリのFirefox OS対応
 『ホットペッパー グルメ』を皮切りに、日本で多くのユーザーを抱える日常消費領域におけるアプリやサービスの、Firefox OSへの対応を進めていく。

3.日本における開発支援と普及の促進
 Firefox OS向けアプリ開発を促進するため、リクルートが主催する国内最大級のアプリ開発コンテスト『Mashup Awards』を通じて、開発者への啓蒙を行う。
 また、Firefox OSに使われているHTML5の技術がスマートフォンをはじめスマートTVなどのデバイスといった多くの生活シーンに使われるよう、開発支援を行っていく。

 また、今回の協働について一般社団法人 Mozilla Japan 代表理事 瀧田 佐登子氏は「Webアプリケーションのエコシステムの革新を日本から巻き起こしていけると期待しています」と述べている。

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!