開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/07/17

銅線電話回線で10Gbpsのデータ転送を達成、ベル研究所 光なしで上下1Gbpsも

アルカテル・ルーセントの研究部門であるベル研究所は、従来型の銅線電話回線とプロトタイプ技術を用いて、10Gbpsというブロードバンド速度の新記録を樹立したと発表した。また、既存の銅線アクセスネットワークを使用し、1Gbpsの対称型ウルトラ・ブロードバンド・アクセス・サービスを実現する方法を実証。上り・下り同時に1Gbpsの速度を実現できるという。

 今回発表された技術により、通信事業者は今後、光ファイバ網と変わらないインターネット接続速度を実現することができ、物理的、経済的、外観上の理由により、住居まで新たなファイバ・ケーブルを敷くことが不可能な場所でも高速回線の利用が可能になる。

 従来の方法とは異なり、縁石や壁、建物の地下までファイバを設置し、最後の数メートルに既存の銅線ネットワークを使用することが可能になります。

 ベル研究所の試験では、XG-FASTと呼ばれるプロトタイプ技術が使用された。これは、G.fast技術の拡張版で、新たなブロードバンド規格として、現在は、ITU(国際電気通信連合)による最終検証が行われている。

 G.fastは、2015年の商用展開を予定しており、データ転送時に106MHzの周波数帯を使用し、100mの距離で最大500Mbpsのブロードバンド速度を実現する予定。

 これとは対照的に、XG-FASTは、最大500MHzのより広範な周波数帯を使用し、高速化を実現するものの、距離については短くなってしまう。

 ベル研究所では、単一の銅線ペアを使用し、70メートル以上の距離による、1Gbpsの対称型ネットワークを実現した。また、2ペアの回線を使用し(「ボンディング」として知られる手法)、30mの距離で、10Gbpsの速度を達成した。これら2つの試験では、欧州の事業者の提供する標準的な銅ケーブルが使用されたという。

 ベル研究所の所長であるマーカス・ウェルドン氏は、「私たちは常に、従来の機能よりも10倍優れた画期的な技術を用いて、現状の限界を突破することで、『未来を発明する』ことを目指しています。銅線での10Gbpsのデモは、これを裏付ける絶好の事例です。ブロードバンド技術を限界まで押し上げることで、通信事業者は、既存のネットワークを通じ、どのようにギガビット・サービスを提供するのかを決定し、可能な限り広範かつ経済的に、ウルトラ・ブロードバンド・アクセスの可用性を保証できます」との声明を発表している。

FTTH・ADSL・xDSL ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!