開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/08/12

NEC、アジアの光海底ケーブルシステム事業を相次ぎ受注

NECは12日、インドネシア国内最大通信事業者「PT Telekomunikasi Indonesia, tbk(テレコムニカシ インドネシア)」から光海底ケーブルシステム「Papua Cable System」を受注した。今回受注したケーブルは西パプア州およびパプア州の計8都市に陸揚げし、総延長は約2000キロメートルにおよぶ。

photo
インドネシア国内の敷設ルート
 NECは12日、インドネシア最大の通信事業者であるテレコムニカシ インドネシアからニューギニア島のインドネシア領・西パプア州およびパプア州を結ぶ光海底ケーブルシステム「Papua Cable System」を受注した。完成は2014年末を予定。

 インドネシアは約1万7500もの島々からなるため、同国の通信回線は海底ケーブルが活用されている。今回のプロジェクトでは、ニューギニア島に敷設される初めての光海底ケーブルとなる。今回受注したケーブルは西パプア州およびパプア州の計8都市に陸揚げし、総延長は約2,000キロメートルで、毎秒40Gbps(ギガビット/秒)および毎秒100Gbpsの光波長多重方式に対応している。

 NECは従来からインドネシア向けに海底ケーブルの構築を手がけており、2002年11月にはタイとインドネシア、シンガポールを結ぶTIS海底ケーブル、2004年にインドネシアとマレーシア間を結ぶDMCS海底ケーブル、2005年にはインドネシア国内を結ぶJASUKA海底ケーブル、2008年にはシンガポールとインドネシアを結ぶJAKABARE海底ケーブルを相次いで受注、完成している。

 また、NECは6月20日にアジア各地域を結ぶ大規模光海底ケーブルシステム「Asia Pacific Cable Network 2(以下、APCN2)」の増設プロジェクトも受注している。プロジェクトで伝送容量毎秒100Gbpsの光波長多重方式に対応した光海底ケーブル用端局装置「NS Series [T740SW] Line Terminal Equipment」を納入。完成は2014年第1四半期を予定している。

 「APCN2」は、NECが2001年に納入した、毎秒10ギガビットの光波長多重方式に対応した光海底ケーブルシステムで、日本、中国、韓国、台湾、マレーシア、シンガポール、フィリピンを結び、全長約1万9千キロメートルにおよぶ。2011年には、毎秒40ギガビットの光波長多重方式に対応した光海底ケーブル用端局装置を増設している。

画像
「APCN2」の敷設ルート

FTTH・ADSL・xDSL ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!