• 会員限定
  • 2014/09/30 掲載

「リスクを取らないことが最大のリスク」楽天 三木谷氏

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
IT産業が始まって以来初めて、米国、中国、日本という3本のトップ市場が同時期にバブルを起こしている状況だという。これはスマートフォンやタブレットといったモバイル技術によるところが大きい。インターネットバブルから10年を経て、いよいよ産業革命を超えるような「真のIT革命」が始まったと見る識者も多いようだ。では、このレボリューションの恩恵を受けるには一体どうしたらよいのか?日本が解決すべき課題とは何だろうか?先ごろ開催された新経済連盟のサミット「NES2014」に登壇したボストン コンサルティング グループ 御立尚資氏、DMC 茶尾克妃仁氏、フューチャーアーキテクト 金丸恭文氏、シスコシステムズ 平井康文氏、フリービット 石田宏樹氏、楽天 三木谷 浩史氏など、経営者、企業家、ベンチャーキャピタリストたちがパネルディスカッションを行い、グローバルな視点から熱い議論を交わした。
フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

IT革命は、まだ2回裏。どういうプレイをするかで、世界を握れるチャンスがやってくる

photo
ボストン コンサルティング グループ
日本代表
御立尚資氏
 この20年間、日本の一人当たりのGDPは停滞したままだった。これは、日本の製造業が落ち込んだことだけが原因ではない。経済の4分の3がサービス産業で占めているにもかかわらず、生産性を向上しなかったために、GDPが伸び悩んでいたのだ。日本を尻目に、他の先進国や新興国はサービス産業の生産性をどんどん向上させて、GDPを上げていった。しかし、そんな日本にも光明が射しつつある。

 モデレータの御立尚資氏は、「まだデジタル革命は起きたばかり。GDPもこれから想像がつかない形で伸びていくでしょう。ムーアの法則どおり、情報をやりとりするコストは劇的に下がっています。リアルとデジタルの意味を分けなければいけない時代が終わり、これから本当に新しい時代が始まるのです。その一方で、新時代が幕を開けると不安に思ったり、元に戻そうという力も働くかもしれない。このデジタル革命の恩恵を一体どうやって享受していくのか、という課題があるのです」と、いま進展中のIT革命と日本の状況について問題を提起した。

photo
DMC
共同創業者 兼 ジェネラルパートナー
茶尾克妃仁氏(Katsujin David Chao)
 まず口火切ったのは、世界屈指のITベンチャーキャピタリストとして有名なDMCの茶尾克仁氏だ。「IT産業がスタートして以来、米国・中国・日本というトップ3市場が初めて同時期にバブルを起こしている。これはモバイル技術の進展によるもの。日本や中国だけでなく、米国もモバイルユーザーがPCユーザーを追い抜いた。今度こそ本当に革命が起きるかもしれない。このバブルが本物だと気づいて、うまく離陸できるかどうか、それがポイントだ。いまは産業革命の初期と同じ。まだ氷山の一角しか見えず、野球の試合でいうと2回裏ぐらいのところ。その中で日本の可能性も感じる。目標ができれば、素晴らしい製品やサービスが生まれるからだ。そのエネルギーをいかに発揮し、どういうプレイをするか。それによって、世界を握れるチャンスも出てくる」(茶尾氏)。

 もちろん新しいIT革命の中では、ベンチャーも含めた企業家たちに等しくチャンスが生まれる。実際に、いま起きている革命をドライブしているのは若い世代だ。新規ビジネスを次々に起している同年代の活躍をみて、自分もやればできると鼓舞されることも多く、そういうアントレプレナーシップが伝染していくという。

photo
フューチャーアーキテクト
代表取締役 会長 兼 社長
金丸恭文氏
 政府の産業競争力会議のメンバーとして、規制改革に力を注いでいるフューチャーアーキテクトの金丸恭文氏も次のように語る。「このアントレプレナーシップの伝染病は、よい意味での病気だ。自分がPCに出会った当時、シリコンバレーでは20歳前後の若いアントレプレナーが活躍していた。多くの日本人は、会社に入るものという既成概念があるが、同世代のアントレプレナーを見て、私自身も自分のアイデアを具現化するために会社をつくれることを知った。さらに起業した若い会社に顧客がつくことも米国のよい点だ。まだ世の中にはいろいろなチャンスがある。難しく考えることはなく、シンプルなニーズを素早くキャッチし、周りを巻き込みながら、アクションにつなげていくことが重要だ」(金丸氏)。

【次ページ】大企業、ベンチャーの規模に関わらず、アントレプレナーシップを発揮できる環境を

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます