開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/10/22

関西流ベタベタIT商法の挑戦114~高価格帯と+αでリピーターを獲得

合同会社 関西商魂 代表 中森勇人

いよいよ食欲の秋本番。鈴虫の音色をバックにお腹の虫もグーグーと鳴く。そんな食欲を満たしてくれるのが、大阪心斎橋に本店を構えるAMAM聖庵(アマムひじりあん)の天然酵母パン。1個500円の“田舎パン”を求めて連日、顧客が押し寄せている。AMAM聖庵(アマムひじりあん)を運営するフードショップ カメダの亀田聖治社長(62)は「大阪はゴチャゴチャしていた方が売れますな。デパートにも出店していますが、他店のパンと一緒に並んでいた方が売れますから」と意外なことを口にする。高価格帯であるにも関わらず、他店と比較された方が売れるというのだ。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

高いパンにこだわる理由

 AMAM聖庵は本店のほか、大丸梅田店、そごう神戸店、中之島店(大阪北区)、東京阿佐ヶ谷店と全国に5店舗を展開。店名のアマムは「母なるもの」をイメージしている。

 看板メニューの田舎パンは一日300個を売り上げるヒット商品で、日本の食パン(320円)、フランスのロデヴ地方のパン・ド・ロデヴ(380円)など、50種類の天然酵母パンを販売している。

 “50時間トースト”に至っては一本(二斤)2,000円と高価格にも関わらず限定10本を売り切る人気ぶり。

 大阪人は価格にシビアと言われ、高価格帯での販売は難しいと言われて久しい。事実、昨年、大阪駅前に大々的にオープンしたグランフロントの5ヶ月間の累計来場者数が2700万人に上ったのにも関わらず、一人当たりの売り上げはわずか740円に過ぎない。

 では、なぜAMAM聖庵では、高価格帯での販売が可能なのか。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!