開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2014/10/22

不正操作で退出禁止、DNPが特権ユーザーによる内部不正防止システムを開発

大日本印刷(以下、DNP)は22日、重要情報に対するアクセス権限を持つ内部関係者による情報漏えいを未然に防止するシステムを開発し、10月に販売を開始すると発表した。

 今回DNPが開発したシステムは、重要情報にアクセスできるパソコン(PC)に対して情報漏えいにつながる恐れのある不正操作が行われた場合、特権ユーザーがセキュリティルームから退出することを一時的に禁止するよう、入退室管理システムと連動するというもの。

 DNPの子会社であるインテリジェントウェイブが開発・販売する「CWAT(シーワット)」により、PCの操作を常時監視して操作履歴データを蓄積するほか、不正行為としてあらかじめ設定された操作が行われた場合、その処理のブロックや、管理者へのメールでの通報等を行う。

 さらに今回カスタマイズ版として、不正操作が行われた場合に、ユーザー認証のためPC接続のカードリーダーにセットしたICカードに「退出禁止フラグ」を書き込む機能を追加した。

 セキュリティルームの入室側と退室側の両方に設置されたカードリーダーで、入退室時にICカードでの認証を行う。今回、入退室管理システムベンダー複数社との協業により、CWATが「退出禁止フラグ」を書き込んだICカードを退室側のカードリーダーにかざした場合は、電気錠を解錠しない機能を追加した。

 これにより、作業者による人的な相互監視に頼らず、情報漏えいの未然防止策につなげることができるという。

 新システムの導入費用は、最小構成で300万円から(カードリーダー等の工事費用は別途)。

関連記事

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!