開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/12/29

2014年のITトレンドを振り返る 国内DC開設ラッシュ、一気に注目を集めたDockerなど

2014年もあと数日でおしまいです。Publickeyの記事を中心に、この1年のITトレンドを振り返ってみました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

国内データセンターの設立が相次ぐ

 今年もっとも明確だったトレンドの1つが、海外の大手クラウドベンダが相次いで日本国内にデータセンターを設立したこと。

 2014年以前に日本にデータセンターを置いていた海外の大手クラウドベンダは2つだけでした。2011年3月に東京データセンターを開設していたAmazonクラウドと、同じく2011年12月に東京データセンターを開設していたセールスフォース・ドットコムです。

 それから3年。今年、海外の大手クラウドベンダが日本国内にデータセンターを設立した動きを時系列で並べてみましょう。

 2月 マイクロソフトが日本データセンター 東日本&西日本リージョン開設

 3月 オラクルがOracle Service Cloud(旧RightNow)の日本データセンターを開設

 4月 SAPジャパンがSAP HANAクラウドデータセンターを東京と大阪に開設

 11月 VMwareがvCloud Airの国内データセンターを開設

 12月 IBMがSoftLayerの東京データセンターを開設

 5社がこの1年で国内データセンターを設立。そしてGoogleも、4月に日本を含むアジア向けにGoogle Cloud Platformのデータセンターを台湾に設立しています。

 これでAmazon、マイクロソフト、セールスフォース・ドットコム、そしてIBMと、クラウドのシェア上位のベンダはGoogle以外はすべて日本国内にデータセンターを設立し、日本国内のユーザーにとっては国内ベンダも含めてクラウドが選び放題、という環境になったわけです。

 しかもGoogle、Amazonクラウド、マイクロソフトは積極的に価格の引き下げを繰り返し、まだクラウドの価格低下傾向は止まりそうにありません。クラウドベンダのあいだではインフラの規模と体力、そして利用者向けのサービスを次々に打ち出していける技術力の総合的な戦いが、さらに厳しさを増していくことになるはずです。

 一方で、2014年の国内クラウド事例としてはついに金融機関が使い始めたことを明らかにした点が大きな出来事でした。

ソニー銀行によるアマゾンAWSのセキュリティ評価の結果は?最終的に37%コスト削減も

 金融の周辺業務の利用事例ではありますが、金融機関ならではの堅い評価と運用でクラウドを使いこなす事例が明らかになったことは、多くの保守的な企業にとって「クラウドを使わない理由」がなくなってきたことを示すものです。国内データセンターの設立と相まって、2015年もさらにクラウドの普及にはずみがつくことでしょう。

Dockerによって状況が一変したPaaSレイヤ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!