開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/01/23

かおりちゃん緑茶の宇治森徳、お茶で健康をマルにする繁盛ビジネス

新年を迎え各地で初釜のイベントが各地で開催されている。最近では茶道の経験がなくても参加できる、懐石料理と薄茶がセットになった新年会形式の人気が高い。「ツバキ科の“緑茶の実”は石鹸洗剤の代用として古くから利用されてきました。今ではお茶は血管中を洗浄する効果があると注目を浴びています。お茶処で有名な静岡県県庁資料室の調べによると、カテキンパワーとして一日10杯以上の緑茶の飲用は、過酸化脂質を除去し体内洗浄に効果的とされ、健康への災いをガードしてくれるとあります。実際、健康寿命は静岡・愛知が1位と2位であることは頷けますね」と話すのは、大阪府松原市に本社を構える宇治森徳の重田暁夫会長(77)だ。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

photo
 宇治森徳は関東ではなじみが薄いかもしれないが、大阪では“かおりちゃん緑茶”としてCMなどでおなじみのメーカーだ。会長自身も健康であるが、お茶を嗜んできた有名人も長寿だったのだという。

 重田会長は「トンチでおなじみの一休さんは500年前にも関わらす88歳という長寿でしたし、日本煎茶の祖、主翁永谷宗円は98歳、銀行の創設者である渋沢栄一は94歳まで生きました。これを見てもお茶が健康寿命に与える効能は歴然ですね」とお茶の効果を強調する。

健康と美味しさを極める

 60年前にアルバイトから始めたお茶の仕事は販売店や学校などを回る行商だった。会長がお茶の魅力に触れたのは一節の狂歌だった。

 幕末の黒船来航にかけて読んだ“泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん) たった四杯で夜も眠れず”だ。

「アメリカとロシアに日本遠征を進言したとされるシーボルトはドイツで医者をしていましたが、どうやら来日したときにお茶の効果を調べていたようです。つまり薬としてのお茶の効用。当時の高級茶である“喜撰”の上物を飲めば眠れなくなるほどの効果があることを蒸気船と掛け合わせた狂歌があるほど有名だったんですね」

 こう話す重田会長は地元大阪の健康年齢が全国順位45位と下位であることを懸念する。

 重田博司副社長は「若者のお茶離れは深刻です。清涼飲料水でご飯を食べ、従来の急須でお茶を飲むスタイルも面倒くさいと敬遠されます。オフィスでは“お茶くみ”が女性蔑視だとする流れさえありますから。これではいけないと宇治森徳では新しいスタイルのお茶の飲み方を提唱しています。まずはイケテル男子が“かっこよく”お茶を淹れる所作やシーンをメディアや紙面に露出させていくことですね」と語り、男性が女性にお茶を淹れるシーンが増えることを今後の目標として提唱している。

 二代目の口脇(くちわき)ひとみ社長は女性の目線からお茶離れに歯止めをかける。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

中堅中小企業 ジャンルのセミナー

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!