開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/08/06

ドコモ・システムズ、人件費削減を実現する運送事業者向けIT点呼サービスを提供開始

ドコモ・システムズは現在提供中のクラウド型点呼サービス「docoですcar Guardian」に、新たにIT点呼機能を追加し、2015年8月5日より提供を開始すると発表した。

 新たにIT点呼に対応したことにより、対面点呼が不可能な遠隔地においても、運行管理者がWebカメラ等の映像を確認しながら点呼を実施できる。また、同一事業者内のGマーク営業所(安全性優良事業所)において、IT点呼実施営業所の運行管理者が、複数営業所の点呼を実施可能なため、閑散時間帯における運行管理者の人件費を削減できるという。

 月額料金は管理者側が1台5,000円、被点呼側が据置型は1台5,000円でモバイル型は1台1,200円 となっている。また別途、測定器やソフトウェア、保守費用等が必要となる。

画像
クラウド型点呼サービス「docoですcar Guardian」全体イメージ

 これまでにもドコモ・システムズは、サンコーテクノの提供する高精度な呼気アルコール測定システム「ALC Guardian」と連携し、各営業所の点呼データをクラウド上で一元管理したサービスの提供を行ってきた。本サービスによって、より効率的な点呼を実現する考えだ。

人件費削減 ジャンルのトピックス

人件費削減 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!