ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年08月31日

東北大学とNECソリューションイノベータ、ストレスチェック結果改善支援ツールを開発

NECソリューションイノベータと東北大学は31日、共同開発した職場環境改善活動を支援するソリューションの実証評価を、ハートセラピー社と共同で開始したと発表した。

 2015年12月に通称「ストレスチェック義務化法」が施行されることもあり、職場のメンタルヘルス対策の重要性が高まっている。

 こうしたなかNECソリューションイノベータは、産業・組織心理学の専門家である東北大学 高橋 修 准教授とともに、職場環境改善のための活動をサポートし、その継続を促進するコミュニケーション基盤として職場環境改善ソリューションを開発した。

photo

活動状況イメージ


 同ソリューションによって、組織の毎月の改善活動の活性度を記録し、グラフ化される。また、残業時間や男女比、勤務地等の職場の状況に適した改善活動案を享受できるほか、システム上で毎月記録する活動状況に応じて、専門家のアドバイスを受けられるという。

 NECソリューションイノベータと東北大学では、2015年7月1日から2016年3月31日にかけて、ハートセラピー社、日本インジェクタ社とともに同ソリューションの実証評価を実施する。この実証評価で得られた活動結果データの分析を通じて、ストレスに対する効果や、効果的な活動の進め方などを調査していく。

 NECソリューションイノベータでは、同社が提供するメンタルヘルスケアサービスとの連携も視野に入れ、2016年度中に職場環境改善ソリューションを製品化を目指す。

医療IT ジャンルのトピックス

一覧へ

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング