開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/09/17

パブリッククラウド「ConoHa」は、なぜSSDのI/O性能をフル活用できるのか?

パブリッククラウド市場はいまや群雄割拠の状況だ。こうした中でGMOインターネットは、必要な機能をシンプルに、分かりやすく提供するというコンセプトを追求したVPS(仮想プライベートサーバ)「ConoHa」を2013年7月より提供を開始。2015年5月には、このConoHaが大きくリニューアルされ、SSDならではの強力なI/O性能をフル活用したIaaS型のパブリッククラウドのプラットフォームに生まれ変わった。

独自路線を歩むクラウドプラットフォーム「ConoHa」とは?

 昨今の企業には、ITを活用した迅速なサービスの立ち上げや運用コストの削減、BCP(事業継続計画)強化、セキュリティ確保などが求められるようになっている。その解決策として、パブリッククラウドが、ミッションクリティカルな基幹業務アプリケーションやデータベースの運用基盤としても利用されるようになった。

 こうした需要の高まりを受けて、現在ではアマゾンの「AWS(Amazon Web Service)」やマイクロソフトの「Azure」をはじめ、国内外の事業者が様々なパブリッククラウドを提供している。いまや群雄割拠のパブリッククラウド市場に打って出たのが、GMOインターネットだ。2013年7月より提供してきたホスティングサービス「ConoHa」を大幅にリニューアルし、より利便性の高いパブリッククラウドとしてサービスを再編・強化したのである。

photo
GMOインターネット
事業本部
ホスティング事業部
テクニカルエバンジェリスト
斉藤 弘信氏
 生まれ変わったConoHaの概要を、同社 事業本部 ホスティング事業部 テクニカルエバンジェリストの斉藤 弘信氏は次のように説明する。

「ConoHaは、オープンソースのクラウドコントローラであるOpenStackをベースに弊社が独自の拡張を図ったIaaS型のクラウドプラットフォームです。『機能性』『柔軟性』『スピード』といったメリットを最大限に発揮し、個人から大規模システムを展開する法人まで、幅広いお客様に活用いただけます」

 先行ベンダーに対する差別化ポイントとしてまず注目されるのが、月額定額制と時間課金を組み合わせた独自の料金体系である。

 一般的にパブリッククラウドは従量課金を採用しているが、毎月の利用料が大きく変動して将来の見込みも立てづらいなど、企業にとってIT予算をコントロールするのが難しい側面もあった。これに対してConoHaでは、VPS(仮想プライベートサーバ)のコンピューティングリソースをどれだけ使った場合でも、コストの上限は月額料金で固定される。しかも、その料金を利用時間あたりで“割り算”できるのだ。例えばCPU2コア、メモリ1GBのVPSを利用したケースでは月額900円となり、1時間あたり1.3円で利用できる。まさに従量制と定額制のいいところ取りの料金体系だ。

 さらに、追加ストレージやロードバランサ、イメージ保存、自動バックアップといったオプションサービスのほか、メールサーバやDBサーバ、オブジェクトストレージ、DNSなどのPaaS型のサービスも同様の考え方に基づいた料金体系で利用することが可能だ。

【次ページ】元LINE 森川 亮氏が手掛ける「C CHANNEL」でも採用

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのセミナー

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!