• 会員限定
  • 2022/05/26 掲載

大和ハウスやGLPら続々参入、倉庫より「ケタ違いに儲かる」データセンターの魅力とは

連載:「日本の物流現場から」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
私たちの日常生活に必要不可欠な、さまざまなウェブ・クラウドサービスを支えるデータセンター。建築物として求められる堅牢性など、物流施設に求められるスペックと共通する部分も少なくない。それゆえに、倉庫をデータセンターへとリノベーションする動きが生まれているほか、近年では大和ハウス工業、日本GLPといった、大手物流施設デベロッパーが相次いでデータセンタービジネスに参入している。データセンターが持つビジネスの魅力とは何なのだろうか。

執筆:物流・ITライター 坂田 良平

執筆:物流・ITライター 坂田 良平

Pavism 代表。元トラックドライバーでありながら、IBMグループでWebビジネスを手がけてきたという異色の経歴を持つ。現在は、物流業界を中心に、Webサイト制作、ライティング、コンサルティングなどを手がける。メルマガ『秋元通信』では、物流、ITから、人材教育、街歩きまで幅広い記事を執筆し、月二回数千名の読者に配信している。

photo
データセンターが持つビジネスの魅力とは
(Photo/Getty Images)

倉庫とデータセンターは意外と相性抜群?

 物流不動産ビジネスを手掛ける営業にとって、データセンター案件は大物だよ──こう語るのは、倉庫をデータセンターへとリノベーションする案件の獲得経験を持つ、物流不動産業の営業マンである。


 先の営業マンは、「荷主から買い叩かれやすい貨物の保管料、入出庫料などをよりどころとする倉庫ビジネスに比べ、データセンタービジネスは、売上のケタが異なる」と、その魅力を語る。データセンターのほうが建築費にしても、物流施設よりも大きな投資を必要とするからだ。

 倉庫とデータセンターでは、天井高や床耐荷重など、建築物として求められるスペックに共通項も少なくない。倉庫では、より多くの貨物を収納するために、天井高の高さや、重量物にも耐え得る床耐荷重が求められる。

 対してデータセンターも、サーバを収納するラックの上下に、サーバを冷却するための空調ダクトや、通信ケーブル・電源ケーブルを通すためのスペースが求められるため、やはり高い天井高が求められる。複数のサーバを収納したラックは重いため、住宅・オフィス向け建築物では、求める床耐荷重を満たすことができない。

 こういった事情から、倉庫をデータセンターへとリノベーションする動きは以前からあった。

 たとえば、2000年に寺田倉庫が設立したビットアイル(現在は寺田倉庫から売却され、エクイニクス・ジャパンと商号変更)は、寺田倉庫が天王洲付近(東京都品川区)に保有していた倉庫をデータセンターに転用し、サービス提供を行っていた。

 当時、筆者もビットアイルを利用していた。現地を訪問した際、担当者から「この先の倉庫も、今データセンターに改修中なんですよ」と言われ、「倉庫をデータセンターにするのか?」と驚いた覚えがある。

大和ハウスは“超野心的”プロジェクトを展開

 とは言え、データセンターと倉庫では、求められるスペックで異なる点も多い。

 倉庫に比べ、データセンターは、フィジカルセキュリティに対する要求が圧倒的に高い。不届きな輩が不法侵入し、サーバや施設に損害を与えることがないよう、データセンター内への出入りは厳重に監視される必要がある。トラックなどが出入りする関係上、開放的な出入り口が多い倉庫とは、大きく異なる点である。

 また、最近需要が増えているメガクラウド事業者向けのハイパースケールデータセンターでは、1平方メートル当たり2.0~2.5トンの床耐荷重が求められるという。旧来のデータセンターだと、求められる床耐荷重は1.2~1.5トンだったが、さすがに2.0トンを超える床耐荷重を実現している倉庫は一般的ではない。ほかにも、耐震・免震構造、UPS(無停電電源装置)・非常用発電機など、データセンターだからこそ、必須の設備もある。

 しかし、大和ハウス工業は2020年10月、住宅やオフィスビル、物流施設などに続く新たなビジネスの柱として、データセンター事業を打ち出した。東京ドーム約7個分に相当する23万5000平方メートルで千葉県印西市の敷地内に、14棟のデータセンターを段階的に建設、総延べ床面積は約33万平方メートルになるという。完成すれば、日本最大級のデータセンター団地となる、野心的なプロジェクトである。

画像
大和ハウス工業は東京ドーム約7個分の敷地に14棟のデータセンターを建設
(出典:大和ハウス工業)

 2022年3月には、2025年までに首都圏で6棟、1,000億円の投資を行い、データセンター開発を進めることを発表した。報道によれば、物流施設用に確保していた敷地の一部をデータセンター向けに計画変更したともある。

 データセンターと倉庫の求められるスペックでは、共通項もあるが、異なる点も多い。にもかかわらず、大和ハウス工業に続き、大手物流施設デベロッパーがデータセンターに参入する理由はなぜだろうか。

【次ページ】日本GLPは「1兆円超」投資、目指すは日本最大

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます