開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/11/07

トヨタ社長「人工知能とビッグデータで新産業を創出」 10億ドルで「TRI」を設立

トヨタは2016年1月、米国シリコンバレーのパロアルトに新たな研究・開発拠点「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE(TRI)」を設立する。今後5年間で10億ドル(約1,200億円)を投資する考え。

photo
TRIのギル・プラットCEO(左)とトヨタの豊田章男社長
 新会社の最高経営責任者(CEO)には、米国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)でロボティクスチャレンジのプログラムマネージャーをつとめたことでも知られるトヨタ エグゼクティブ テクニカル アドバイザーのギル・プラット氏が就任する。

 会見にあたって、トヨタの豊田章男社長は「人工知能技術とビッグデータを結びつけることで、自動車以外の新しい産業を創出することも可能になる」と指摘。

 ギル・プラッド氏も「(当初はトヨタが競争に勝ちたいだけだと思っていたが)トヨタの目標の視野の広さに、私は目をどんどん見開くことになった」と応じた。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

設備投資 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!