開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • “空飛ぶクルマ”を経済省と国交省が真剣に議論するワケ

  • 会員限定
  • 2019/03/01

“空飛ぶクルマ”を経済省と国交省が真剣に議論するワケ

“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、産官学の動きが本格化しようとしている。政府が発表した「“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップの取りまとめ」を中心に、“空飛ぶクルマ”が実現する条件とは何かを考察する。

国際大学GLOCOM 客員研究員 林雅之

国際大学GLOCOM 客員研究員 林雅之

国際大学GLOCOM客員研究員(NTTコミュニケーションズ勤務)。現在、クラウドサービスの開発企画、マーケティング、広報・宣伝に従事。総務省 AIネットワーク社会推進会議(影響評価分科会)構成員 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA) アドバイザー。著書多数。

photo
なぜ「空飛ぶクルマ」が議論されているのか
(出典:空の移動革命に向けた官民協議会 “空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ 2018.12)

政府が推進する空の移動革命

 経済産業省と国土交通省は2018年12月、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催。「“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップの取りまとめ」を公表した。

 この協議会では“空飛ぶクルマ”について、「電動」「自動」「垂直離着陸」が1つとなったイメージで、航空機とドローンの間に位置する「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL)」と整理している。

画像
政府が推進する空の移動革命
(出典:産業構造審議会 製造産業分科会 2018年3月)

 “空飛ぶクルマ”の実現可能性の大きなカギの一つとなるのが、電動化による低コスト化だ。電動化すると燃料系統がなくなるため機体の構造が簡素化し、そのコストは量産化により「高級自動車並み」になる可能性がある。

 また運航コストも、将来的にはタクシーと同程度の運航コストになる可能性があるとしている。具体的には、電動化により燃料費・整備費が削減され、パイロットレスなどにより自動化が進んだ場合だ。

 これにより、“空の移動が大衆化”し、「速い・安い・便利」なヒトやモノの移動が可能になる高度なモビリティ社会が実現すれば、国内外のさまざまな社会課題が解決できるかもしれない。

画像
“空飛ぶクルマ”と「ヘリコプター」の違い
(出典:産業構造審議会 製造産業分科会 2018年3月)

空飛ぶクルマで実現する未来社会

 本協議会のロードマップでは、それぞれの活用シーン別に、“空飛ぶクルマ”がもたらす未来の社会や生活を描いている。

イメージ動画名 「さあ、空を走ろう。」
(出典:空の移動革命に向けた官民協議会 “空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ 2018.12)


 「都市での人の移動」では、“空飛ぶクルマ”を使った渋滞問題の解決が期待される。莫大な交通へのインフラ投資をすることなく、迅速かつ快適な移動が可能となり、都市の渋滞を避けた通勤や通学などでの活用も見込まれる。

 「災害時の活用」では地震などにより、道路が陥没するなどの寸断された場合を想定。“空飛ぶクルマ”による救急搬送や迅速な物資輸送などへの活用が期待されている。

photo
“空飛ぶクルマ”の災害時の活用方法
(出典:空の移動革命に向けた官民協議会 “空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ 2018.12)

 「地方や山間部での人の移動」では、“空飛ぶクルマ”を過疎地などでの有用な交通手段として想定している。これまで足が運ぶことが難しかった“秘境”への移動など、新たな観光需要の創出にもつながるだろう。

画像
“空飛ぶクルマ”の過疎地での活用方法
(出典:空の移動革命に向けた官民協議会 “空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ 2018.12)

画像
“空飛ぶクルマ”の過疎地での活用方法
(出典:空の移動革命に向けた官民協議会 “空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ 2018.12)

【次ページ】世界で加速する“空飛ぶクルマ”競争への対応

お勧め記事

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!