開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/01/04

コロナによってどうアップデートされたのか? いよいよ見えてきた「終息後の未来」

2010年代、数十年先の未来における社会やテクノロジーのトレンドや見通しを模索・イメージするといった「未来洞察」がブームとなりました。この際につくられたトレンドや未来予測は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらす変化(ニューノーマル)と照らしあわせ、今こそアップデートして、引き続き活用されることが期待されます。いよいよ2021年が幕開ける中、本コラムでは、IT・デジタル分野のコンサルタントとして、先端テクノロジーのトレンド・ビジョンの予測を長年行ってきた筆者が、過去に自身が考案した「デジタルテクノロジーがけん引する未来像」に対して実際にニューノーマルの影響を加味したアップデートを行うことで、改めてデジタルテクノロジーによる未来の姿を展望します。(「先進デジタルテクノロジーがもたらす未来」のチャートPDFを提供)

東芝デジタル&コンサルティング デジタルコンサルティング部 大林勇人

東芝デジタル&コンサルティング デジタルコンサルティング部 大林勇人

システムエンジニアとして、新規パッケージビジネスの立ち上げ、設計・開発、導入、運用・保守を担当した後、コンサルタント・研究員として、IT・デジタル・情報システム全般に関するコンサルティング、官公庁関連の調査研究、先端テクノロジー関連の調査やマーケティング、これからの働き方をはじめとする数十年先を見据えた未来洞察などに従事。2008年から2年間、総務省に出向し『情報通信白書』執筆、ICT利活用ルール整備促進事業(サイバー特区事業) 9プロジェクト推進等を担当。2019年12月から東芝デジタル&コンサルティングにて、デジタル関連事業やDX(デジタルトランスフォーメーション)をテーマとしたコンサルティング、デジタルツインを活用した事業推進に従事。

画像
図表1:ビヨンドコロナ(BC)社会・経済トレンドの全体像
(出典:東芝デジタル&コンサルティング資料)


未来を変えるデジタルテクノロジー

 ほとんどのビジネスパーソンは、「デジタルテクノロジー」と聞くと、恐らくさまざまな「カタカナ用語」や「2~3文字のアルファベット略語」を反射的に思い浮かべるかもしれません。2020年現在であれば、ロボット、ドローン、自動運転、AI、IoT、VR、5Gなどが該当するでしょう。筆者は過去に、このような先端デジタルテクノロジーが、人々の暮らしや社会をどのように変えうるかの「未来洞察」を、以下のような手法で行ったことがあります。

  1. 1.テクノロジーによる生活シーンの変化を整理するためのフレームワークを構築
  2. 2.24時間365日の日々の生活を、睡眠、食事、仕事、身の回りの用事、趣味・娯楽、行楽、社会参加、メディア視聴といった生活シーンに分類
  3. 3.複数の「未来予測ソース(書籍など)」で、サイバーフィジカルシステム(CPS)が活用されているシーンを抜き出し、上記フレームワークの各シーンに挿入
  4. 4.大まかな方向性を考察

 3については、NTT技術予測研究会『2030年の情報通信技術:生活者の未来像』や、ミチオ・カク『2100年の科学ライフ』といったソースを用いているので、数十年~100年程度先までも視野に入れた超長期の予測となっています。

 今回は、こちらの未来像に対する、「ニューノーマルの影響」を分析してみます。「ニューノーマルの影響」については、筆者が所属する東芝デジタル&コンサルティングが5月に公開した「ビヨンドコロナ(BC)社会・経済トレンド」を利用して分析します。「BC社会・経済トレンド」とは、筆者も含まれる社内の有識者による、ワークショップやオンラインミーティングから洞察した、ニューノーマルにおける短期および中長期にわたる、社会・経済面の変化を8つのトレンドにまとめたものとなります(図表1参照)。

3分類による未来像のアップデート

 これらのトレンドが、前記の未来像に与える影響について、「影響なし」「実現時期を早める(加速させる)可能性がある」「未来像そのものを軌道修正させる可能性がある」の3つに分類した上で、分析を行いつつ未来像をアップデートしました。「ビフォアコロナ」で示された未来像、および「ニューノーマル」によりアップデートされた未来像について、図表2に並べて示します。

画像
図表2:先進デジタルテクノロジーがもたらす未来の生活シーン
(出典:「当初予測した未来像」については、総務省「平成30 年度デジタル化による生活・働き方への影響に関する調査研究」成果報告書79~104ページから要約しつつ引用。「ニューノーマルの影響によりアップデートされた未来像」は筆者が作成)

【PDFでダウンロードする】

【次ページ】「軌道修正」を迫られた未来像とは?

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!