• 会員限定
  • 2022/09/07 掲載

アマゾンの広告事業の成長率「絶対王者グーグル超え」、なぜ販売と広告の両輪が有効か

記事をお気に入りリストに登録することができます。
デジタル広告市場のトッププレイヤーといえばグーグルだが、その市場シェアは現在縮小傾向にある。一方、シェアを急速に伸ばしているのがアマゾンだ。拡大の勢いは今後数年続くとみられ、市場シェアトップのグーグル、2番手のメタにとって脅威となっている。デジタル広告市場におけるアマゾンの成長軌道を追ってみよう。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
アマゾンは広告事業で拡大の勢いが続くとみられる
(写真:當舎慎悟/アフロ)

米デジタル広告市場の構造

 米国のデジタル広告市場は、2,000億ドルを超える巨大市場。この市場で長らく最大シェアを占めてきたのがグーグルだ。

 Insider Intelligence/eMarketerは2021年10月時点で、2021年の米デジタル広告市場は、広告支出ベースで前年比38%以上の増加となり、2,000億ドルを超えると予想していた。

 そのうち、「絶対王者」グーグルの市場シェアは2021年、28.6%と30%近い値だ。

 一方、グーグルの市場シェアはこの数年、競合企業の追い上げにより下落傾向にある。

 2019年の市場シェアは31.6%だったが、2020年に28.9%、2021年に28.6%に下落。また2022年に27.7%、2023年に26.4%とさらに下がることが予想されている。

 グーグルのデジタル広告市場シェアが下がっている要因はいくつかあるが、中でもアマゾンの追い上げにある。

 米国のデジタル広告市場の構造は、グーグルを含めた3社が2/3を占める状況。その3社とは、グーグル、メタ、アマゾンだ。残りの1/3はその他企業となる。

 2番手となるメタのシェアは、2019年に23.6%、2020年に24.9%、2021年に23.8%と大きな変化はない。その他企業のシェアは、2019年に37%、2020年に35.9%、2021年に36%と若干下落傾向となっている。

 そんな中でアマゾンのシェアは2019年、7.8%にとどまるものだったが、2020年に10.3%、2021年11.6%に増加。また2022年には13.3%、2023年には14.6%と拡大が継続すると見込まれている。

 米国のデジタル広告市場は、2021年の2,110億ドルから2023年に2,700億ドル、2025年には3,150億ドルに拡大するとみられている。アマゾンは、デジタル広告市場全体が拡大する中で、シェアを大きく広げることになり、収益も大幅に増える見込みだ。

アマゾンの広告事業の成長率、グーグル、メタ超え

 デジタル広告市場でのプレゼンス拡大が予想されるアマゾン、2022年4~6月期決算にも広告事業の好調ぶりが反映されている。

 今期アマゾンの広告収益は、87億6,000万ドルと前年同期比で18%増となり、景気減速の影響を受ける競合を尻目に好調ぶりを示した

 18%増という成長率は、スナップの13%増、グーグルの12%増、ピンタレストの9%増、ツイッターの2%を超え、主要企業の中ではトップの数値。一方、フェイスブックは、同社初となるマイナス1.5%の収益減を計上した。

 2021年通年の数値からもアマゾンの広告事業の好調ぶりをうかがうことができる。

 アマゾンが2022年2月に発表した決算報告によると、2021年の広告収益は312億ドルと前年比で32%増加したことが分かった。同時期、競合他社の広告収益は、マイクロソフトで100億ドル、スナップで41億2,000万ドル、ピンタレストで25億8,000万ドルだった。

 アマゾンの2021年10~12月期決算によると、同社の最大事業はオンラインストアで、当期全体の売上高1,374億ドルのうち、660億ドル(48%)を占める結果となった。次いで、コミッション、フルフィルメント/出荷などを含むサードパーティセラーサービスが303億3,200万ドル(22%)、AWSが177億8,000万ドル(12%)と続く。

 広告事業は4番目となる規模で、全体における割合は7%ほど。2022年4~6月期の成長率で見ると、AWSと広告事業が好調で、ともにアマゾンの成長エンジンとして注目されているところだ。

【次ページ】広告と販売、アマゾンの強み

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

オンライン

A10 Connect 2022

クラウドの未来を想像したことはありますか? 働き方の多様化やインターネット利用の増加など様々な環境変化により、ネットワークには高速性やリアルタイム性、安全性が求められるようになってきました。 同時に、クラウドコンピューティングの在り方は変化し、あらゆる場所(エッジとクラウドの共創)でサービスが生み出され、あらゆる場所から利用されるようになります。 そのためネットワークとセキュリティにも変化が求められます。 今回のA10 Connectでは米国本社よりCEOと製品開発責任者が登壇し、A10がこれら 変化をどうとらえているか、世界のトレンドに対する私たちの思いをご紹介します。 基調講演では、「5G時代のネットワーク高度化戦略とその第1歩」というタイトルでNTTドコモ様にご講演いただきます。 その他、あらゆる産業において、顧客や自社の従業員へ柔軟かつ迅速に安定したネットワーク・セキュリティ環境を提供するためのヒントとして、A10によるソリューションアップデートや、パートナー様によるA10のソリューションを活用したセッション、 また、バーチャルブースなどもご覧いただけます。 A10 Connect を通じて、多くのネットワーク・セキュリティ担当者様の 手助けができれば幸いです。

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます