開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/20

投資コンサル12社が「ネットゼロ」団体結成、10兆ドルの運用に助言

ロイター

photo

[ロンドン 20日 ロイター] - 年金基金などの機関投資家の10兆ドルの資産運用を助言する12の投資コンサルティング会社は20日、気候変動問題の取り組む「ネット・ゼロ・コンサルタンツ・イニシアチブ」を発足させたと発表した。温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロ(ネットゼロ)にする目標に向け、年金基金、保険会社、政府系投資ファンド、慈善基金、ファミリーオフィス(超富裕層の資産管理会社)といった顧客にアドバイスする。

参画したのはバーネット・ワディンガム、bファイナンス、ケンブリッジ・アソシエイツ、カーダノ、フロンティア、ハイマンス・ロバートソン、JANA、LCP、メケタ、レディントン、ウイリス・タワーズワトソン、ウィルシャー。

このイニシアチブは、責任投資原則にのっとり、資産保有者や運用者、保険会社向けの同様なイニシアチブにも従う。

コンサルティング各社は、全てのコンサルティングサービスを2年以内にネットゼロ目標に基づく助言に統合することや、業務に関連した全ての温室効果ガス排出の削減目標を設定するなどの方針を表明している。

ウイリス・タワーズワトソンの調査部門グローバルヘッドのLuba Nikulina氏は「世界的なネットゼロエコノミーへの移行は、資産保有者が気候リスクの理解を進め、保有資産の道筋の変化について考え、スチュワードシップ権利を行使しなければならないということを意味する。投資コンサルタントは、資産保有者の取り組みを支え、気候問題に取り組む意欲を高めることを助けるの上で重要な役割を果たす」と述べた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!