開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/17

CTC、データ活用基盤の構築支援サービス「D-Native」の提供を開始

CTC

photo

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:柘植 一郎、本社:東京都港区、略称:CTC)は、社内外にある様々なデータを収集、分析し経営判断に利用するデータ活用基盤の構築支援サービス「D-Native」を本日から提供します。価格は2千万円からで、データを活用してデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を図るお客様に向けて提供し、3年間で60億円の売上を目指します。

 DXの推進にあたり、ビジネスで得られるデータを活用し分析結果を経営に役立てていく「データドリブン経営」が一層重要になっています。しかし、様々なシステムにデータが分散しているケースが多く、また、それぞれのフォーマットで保存されているため、データの整理や統合などが課題となっています。

 今回提供を開始するD-Nativeは、データ活用に必要な「収集・整備」、「加工・分析・AI開発」、「蓄積・処理」、「運用・監視」というフェーズに対応したクラウドネイティブなサービスをパッケージ化したものです。さらにビジネス面の課題整理につながる機械学習やデータ分析のベストプラクティスをテンプレート化しており、導入にかかる期間を最大で4割削減できます。

 CTCは、データウェアハウス及びビジネス・インテリジェンスなどのデータ活用分野で、システムの構築や運用を含めた長年のサービス提供実績があり、蓄積したノウハウをベースに利用するデータの選定やシステムの設計から、導入後の継続的な改善までの支援サービスをワンストップで提供します。

 CTCには、世界の様々な先進ベンダーとのグローバルなパートナーシップと、お客様のニーズに合わせて各技術を組み合わせた最適なソリューション提供という強みがあり、今回のD-Nativeのサービス提供につながっています。

 今後CTCは、D-Nativeを中心に、データ活用に関連するトレーニングサービスの拡充も図り、データドリブン経営を含めたお客様のDXに貢献していきます。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!