開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2022/05/11

岡嶋裕史氏に聞くメタバースの基本、新時代の足がかりを得ている企業の共通点とは

盛り上がりを見せる「メタバース」市場。仮想空間上でのビジネスチャンスをつかもうと、世界中の企業がしのぎを削っています。『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』を上梓した中央大学国際情報学部の岡嶋 裕史教授は、「リアル世界と紐づけようとするビジネスが多い」現状に疑問を投げかけます。岡嶋教授が語る、新時代のビジネスチャンスをつかみ始めている企業とそうでない企業の差とは。

<目次>
・コロナ禍におけるオンライン化への変遷
・メタバース世界はどうあるべきか
・メタバース上での「モノ」の価値
・一般層への普及のカギはどこか
・期待値のギャップがもたらす幻滅期

続きの動画はこちら

 中央大 岡嶋教授に聞く「メタバース覇権」誰の手に? 日本企業の残念な現実とは


詳しい記事はこちら

 中央大 岡嶋裕史教授が「メタバース上の広告」に疑問を呈する“住人目線”
 GAFAMも本腰、メタバースで日本のコンテンツ産業が直面する「致命的な」課題


用語解説

メタバース
 メタバース(仮想空間)ビジネスを10分で理解、参入メリット、法的論点、事例も

デジタルツイン
 デジタルツインとは何か?最新事例4選、6大メリット、主要ベンダー5社をまとめて解説


岡嶋 裕史氏 プロフィール

中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程終了、博士(総合政策)。1999年から富士総合研究所勤務。2002年、関東学院大学経済学部専任講師・准教授・情報科学センター所長を経て、2015年に中央大学総合政策学部准教授。2019年より現職。


あのキーパーソンがここだけで語った、生の言葉を大公開!
「BIT Movie Interview」これまでのエピソードはこちら

 【BIT Movie Interview】エピソード一覧


ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!