開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/02/01

キヤノンsol、資産管理機能が加わった情報漏えい対策ツール

キヤノンシステムソリューションズは、情報漏えい対策ツールの新バージョン「PCGUARDIAN for Windows Ver.2.0」を2月6日より販売開始すると発表した。

 PCGUARDIANは、ユーザーのデータアクセスを監視・制御するためのソフトウェア。監査対象のクライアントPCに常駐するエージェントとサーバーから構成され、あらかじめ設定されたポリシーに基いた管理が行える。

 新バージョンでは、クライアントPCのハードウェアやソフトウェアといった資産管理機能が追加。ハードウェア構成や、OS情報、インストールされているソフトウェア情報などを一元管理できる。

 また、セキュリティ・パッチの適用状態や、スクリーンセーバーの設定などの情報も収集できる機能、ファイルやフォルダの暗号化機能を搭載した。

 そのほか、ユーザーが禁止事項を操作した際の通知について、バルーンアイコン、全画面通知、任意のプログラム実行といった中から選択できるようになった。

 価格は、25ユーザーの72万5,000円(税別)から、これに別途年間保守料金14万5,000円(税別、25ユーザー時)が加わる。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!