• 会員限定
  • 2024/03/30 掲載

アクセンチュアがオンライン学習企業を巨額買収の必然、生成AIの新スキルは必携に

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
コンサルティング大手のアクセンチュアが、AI関連投資の一環として、オンライン学習プラットフォーム「Udacity」の買収を発表した。生成AIの進展を見据えて、AI分野の人材育成に力を入れる方針だ。買収金額は明らかにされていないが、同時に発表した「LearnVantage」と呼ばれる学習プラットフォームの構築に3年で10億ドルを投じると表明している。買収による同社の狙いと今後の展望を追ってみたい。
執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
アクセンチュアは相次いでAI企業を買収している
(Photo/Shutterstock.com)

アクセンチュアが学習プラットフォームUdacityを買収

 グローバルコンサルティング大手のアクセンチュアが、オンライン学習プラットフォームのUdacityを買収すると2024年3月5日に発表した。買収金額は明らかにされていないものの、アクセンチュアは同時に、LearnVantageと呼ばれる技術学習プラットフォームの構築に、今後3年間で10億ドルを投じる計画を公表している。

画像
AI分野などのリスキリングを支援するサービスLearnVantageも発表
(出典:アクセンチュアのNewsroom

 Udacityは2011年に設立されたエドテック企業で、オンライン学習と専門家による指導のメリットを組み合わせた学習アプローチに定評がある。買収後は230人以上の従業員がアクセンチュアに加わり、LearnVantage事業の一端を担うことになる。

 アクセンチュアのLearnVantageグローバルリードのキショール・ダーグ氏は、「生成AIの台頭は、仕事のあり方を変える最も変革的な変化の1つ。デジタルコアを構築し企業を再構築する動きが活発化する中で、クラウド、データ、AI分野の学習・スキルアップするニーズが高まっている」と語っている

 Udacityは設立当初、コンシューマに焦点を当てた学習コンテンツを提供していたが、後にAIとテクノロジーによるキャリア開発に特化したエンタープライズ向けの学習プラットフォームとして存在感を高めてきた。

 1400人以上の専門家ネットワークと産業リーダーらとの共同で作成された独自コンテンツライブラリを有し、英語、アラビア語、韓国語、スペイン語など複数言語で、これまでに195カ国2100万人以上の登録者にサービスを提供してきた。

Udacityはかつてインドで1億ドルでの買収交渉も

 Udacityの学習プラットフォームで人気が高いのは、データエンジニアリング、ビジネスアナリティクス、AI、データサイエンス、プロダクトマネジメントなどのコースだ。主に、個人、政府、企業向けの事業を展開しているが、企業向け事業が最大の収益源となっている

 Udacityは2015年、ドイツのベルテルスマンやスコットランドのベイリー・ギフォードなどから1億500万ドルを調達。このときの評価額は10億ドルだった。Tech Crunchによると、Udacityの累計調達額は3億ドルに上り、シリコンバレーの著名なベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツも出資しているという。

 創業者のセバスチャン・スラン氏は、グーグルの研究開発部門であるGoogle Xで、自動運転車やグーグルグラスのプロジェクトに取り組んだ人物としても知られている。

 買収の発表に先立つ2024年1月には、インドのエドテック企業Upgradが、Udacityの買収に向けた交渉を進めていると報じられていた。買収金額は1億ドルと報じられ、Upgradは投資家から最大1億ドルを調達する協議を行っていたという。Upgradの共同創業者であるロニー・スクリューバラ氏も、自身の個人資本を投じる計画だったとのこと。

 Upgradによる買収金額は当初1億ドルと予想されていたが、最終的には8,000万ドルでの買収交渉になったといわれている。Upgradは2023年度の業績は、前年比96%増の売上高を記録する一方、損失額も67%拡大し114億2,000万ルピー(1億3,700万ドル)に達していた。

 最終的にアクセンチュアがUdacityを買収することになったが、上記Upgrad関連の報道から買収額は8,000万~1億ドルになったのではないかと推測される。ただし、アクセンチュアは買収金額を公表していないため、詳細は不明である。 【次ページ】アクセンチュアの生成AIに関する最近の買収とその狙い

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます