開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/03/29

日本IBM、業務プロセスの効率化を実現 BPMソフト最新版を発売

日本IBMは3月29日、ライフサイクル全体を管理するビジネスプロセス管理ソフトウェア(BPM)の新パージョン「IBM WebSphere Business Modeler V6.0.2.1」を発表した。

 「IBM WebSphere Business Modeler V6.0.2.1」は、企業の業務プロセスの定義、計測、分析、改善を管理するソフトウェアである。今回発表した新バージョンの特長は、業界で初となる企業の業務プロセスにおけるライフサイクル全体を管理できることがあげられる。

 従来のBPMソフトウェアには、BPMのライフサイクルである「ビジネスゴールの設定」「ビジネスモデル(プロセスに必要な資源の利用量といった)の設定」「プロセスの実装」「実行」「監視」のうち、最初の重要なステップとなる「ビジネスゴールの設定」と「ビジネスモデルの設定」を連携する製品はなかった。今回IBMでは、要件管理ツール「Rational Requisite Pro」との連携により、この部分の連携を可能にした。これにより、業務プロセスのライフサイクル全体を通してデータ連携ができ、プロセス管理の効率化が可能になる。IBMの事例によると、受注業務のプロセスに要する時間と費用を約25%削減できたという。

BPM・BPR ジャンルのトピックス

BPM・BPR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!