• 会員限定
  • 2024/07/09 掲載

BIツール選定で知らないと損する「6つのポイント」、AI時代の視点をガートナー解説

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
自社のデータ活用を進化させるのに有効なBIツールやアナリティクスツール。企業がこれらの導入を検討する際に頭を悩ませがちなのが、ベンダー・ツールの選定をどう行うかだ。ガートナーのジュリアン・サン氏がこうした悩みを解決する上で役立つ、アナリティクス/BIプラットフォームに影響を及ぼす5つのトレンド、ツール選定で押さえておくべき6つのポイントなどについて解説する。
photo
ガートナーのマジック・クアドラントで見えてくるトレンドとは
(出典:ガートナー(2024年5月))

ガートナーの「マジック・クアドラント」とは

 自社の業務効率化やDX推進を実現するために、避けては通れないベンダー選定やツール導入。数多あるベンダー、ツールから何を基準に選定すれば満足いく結果を得られるのか、悩んだ経験のある企業も多いだろう。

 そうした悩みを解決する一助になるのが、ガートナーの「マジック・クアドラント」だ。

 マジック・クアドラントは、IT市場における、ITベンダーの現状の位置付けを解説するためにガートナーが継続的に発表しているレポートである。

 マジック・クアドラントについて「我々は年間、80以上のマジック・クアドラントを発行しています。中でも参照されることが多いのが、アナリティクス/BI基盤に関するレポートです」と話すのは、ガートナー バイス プレジデント アナリストのジュリアン・サン氏だ。

photo
ガートナー
バイス プレジデント アナリスト
ジュリアン・サン氏

 サン氏によると、マジック・クアドラントでは、縦軸に現在の実行能力、横軸に将来に向けたビジョンの完全性を採り、ベンダー各社の現状のポジショニングが2次元マップとして視覚的に「リーダー」、「ビジョナリー(概念先行型)」、「チャレンジャー」、「特定市場指向型」として分かりやすく紹介されている。その作成にあたっては、ツールの機能だけでなくベンダーの将来性も評価。市場のトレンドとともに、各社が長期的なパートナーと成り得るか否かまでの判断材料を提供するという。

画像
マジック・クアドラントではベンダーを4つの区分で評価している
(出典:ガートナー(2024年5月))

 では、アナリティクス/BI市場のマジック・クアドラント取りまとめにあたって、ガートナーはどこに注目しているのだろうか。

「影響大」の5つのトレンド

 サン氏によると、アナリティクス/BIプラットフォームに影響を及ぼすトレンドとして注目しているのは、次の5点だという。

  • 生成AI
  • コンポーザビリティ
  • ガバナンス
  • 利用者に重点を置いた設計
  • 価格設定

 1つ目が、少なからぬツールですでに採用されている「生成AI」だ。生成AI自体が市場を形成しつつあり、新たなユーザー体験の提供の原動力となっている。

 生成AIがアナリティクス/BIプラットフォームに影響を及ぼす主要なトレンドとして挙がる理由は、生成AIがデータの分析体験を大きく変えるからであるとサン氏は言う。

 たとえば、店舗担当者が「先週の一番の売り上げがどの製品で、その前の週とどう変わったのか」を知りたいと考えたとしよう。従来であれば、製品の分野、1週間の期間などの細かな定義作業が必要だった。しかし、生成AIは専門知識が乏しいユーザーのビジネス上の質問を、データ分析のための質問に変換する役割を担い、定義の手間を大幅に軽減。ひいては、データ分析の民主化を加速させるのである。

 そして2つ目の「コンポーザビリティ」については、アナリティクス/BIの必要性はあらゆる業務で生じる。必然的に、多様なシステムに組み込みを可能とするアーキテクチャが不可欠となる。

 3つ目の「ガバナンス」については、「生成AIの明るい未来のために不可欠です」とサン氏は強調する。生成されるダッシュボードやレポート、各種コンテンツが一見、非常に優れていても、内容が間違っていては本末転倒だ。ハルシネーションをできる限り抑えるためには、利用データの確実な統制が必須となる。 【次ページ】「間違った」活用方法に注意

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます