開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/07/12

FAXの誤送信や出力文書からの情報漏えいを防ぐPDF-FAXサーバ

NTTアドバンステクノロジは、情報漏えいやFAX誤送信を防止するPDF-FAXサーバを発表した。

 NTTアドバンステクノロジ(以下、NTT-AT)は、情報漏えいやFAX誤送信を防止するPDF-FAXサーバ「MINDS」を発表した。販売開始は7月17日となっている。

 今回発表された「MINDS」は、FAXの送受信文書をPDF化し、データベースに一元管理、不用意なFAX出力用紙の放置による紛失や不特定多数の閲覧を防ぎ、QRコード付き専用送付状で登録された送付先以外への誤送信を防止するPDF-FAXサーバ。

 データベースに登録された送信先以外への送信が不可能なため、誤送信を防止する。送受信したFAX文書のPDF化、データベース管理が可能。閲覧、送受信履歴のトレースは、アクセスが許可された認証ユーザのみに制限できる。

 また、文書にQRコード付きの送付状を添付してスキャナボタン押すことによるFAX送信や、Webアプリケーション上から送信先を選択することによる送信状の作成機能を搭載する。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!