開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2007/08/30

【連載】ITILとは(2):ISO化とJIS Q 20000の制定

「ITIL」は、ITサービスマネジメントのデファクトスタンダードとして広く利用されていたが、近年国際標準化が行われなど、発展に向けてさまざまな取り組みがなされている。本連載では、ITILの本質とは何なのかといった基本的なところから、2007年の5月末より提供が開始されている最新のVersion.3の英語版の概要まで、日本HPの塩田貞夫氏が解説する。

塩田貞夫

塩田貞夫

日本ヒューレット・パッカード テクノロジーサービス統括本部 アドバンスソリューション部 ビジネスクリティカルコンサルタント 長年にわたり運用の現場でカスタマーサービスの技術サポートを担当。1998年ごろからITILベースのアセスメントサービス、コンサルティングを手がける。itSMF Japan設立当初より参加し、現在は同団体の理事を務める。ISO/IEC 20000JIS化原案作成WG委員、ITSMS適合性評価制度運営準備委員会委員、ITSMS適合性評価制度技術専門部会委員、ITIL Foundation、ITIL Manager資格取得者

国際規格へ

 ITILはITサービスマネジメントの“規格”ではない。ITサービスマネジメント規格としてはBS15000がBSI(British Standard Institute:英国規格協会)により2000年に制定された。BS15000はITILを基に制定され、2003年にはitSMFからBS15000認証スキームが発表されている。BS15000認証はISO9000認証と同様に品質管理基準である。つまり、BS15000は「ITサービスマネジメントにおける品質管理基準」ということになる。

 その後BS15000は国際規格への道をたどる。ISO(International Organization for Standardization :国際標準化機構)は2004年に国際規格化に向けて事前調査を開始、その結果ISO化が承認され、2005年12月に国際規格のISO20000として制定された。国内ではISO20000の制定を受けて、JIS化が進められ2007年4月にJIS Q 20000が制定された。国際規格としての確立と共に、今後はISO20000の組織認証への普及に弾みがつくだろう。


※クリックで拡大
ITILとJIS Q 20000の関係


ITILエキスパートの数
──個人認証への道

 ITILには「ITILファンデーション」「ITILプラクティショナー」「ITILマネージャ(マスター)」と呼ばれる3種類の認定がある。これらは、個人に対するITサービスマネジメントの資格試験だ。「EXIN(蘭)」(*4)と「ISEB(英)」(*5)の2団体によって認定スキームが運営されている。

 EXIN社の統計資料では、ワールドワイドでITILファンデーション資格取得者は25万人以上、国内においては2万5000人以上にのぼる。しかしその一方で、国内のITILマネージャは100名程度にとどまっている。ITILマネージャ試験は「サービス サポート」試験と「サービス デリバリー」試験の合計で6時間という長丁場に加えて、記述式試験であることが取得者増加の障壁になっているようだ。2006年には日本語の受験体制が整備されたので、今後も資格者増が期待されるところである。

【次ページ】日本発ITILベストプラクティスに向けて

国際標準化 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!