開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2008/09/24

丸紅情報システムズ、SaaSグループウェアに内部統制監査や情報漏えい機能を追加

丸紅情報システムズは24日、同社のSaaS型グループウェアサービス「V-ServiceII」に、内部統制監査や情報漏えい対策機能を追加した「メールアーカイブサービス」の販売を本日より開始すると発表した。

 メールアーカイブサービスは、「V-ServiceII」で送受信した電子メールの内部監査や、情報漏えい時の追跡調査を可能にするサービス。

 主な特徴は4点。まず1点目は、あらゆる電子メールを保存する強力なアーカイブ機能。そして、効率的な調査を実現する管理ツールを提供する点。メールの送受信者、件名、メール本文および添付ファイルの内容やファイル名等をキーワードに検索できる管理ツールを提供する。検索履歴もログとして保存するため、不正操作も監視できる。

 3つ目は、設備投資および運用コストを削減できる点。初期設定費用を除き、ユーザー数や保存容量に応じた月額負担のみでサービスが利用できる。ハードウェアやソフトウェア、専任の担当者を置く必要はない。

 最後に、同社が運営するデータセンターでデータ保護ができるため、24時間365日顧客のデータを障害が守る点。同センターは、自家発電設備、耐震設備などの災害対策設備を備えており、180名の技術者体制で運営している。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!