開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2008/10/09

インド最大手のTata、米シティグループのBPO部門を約5億ドルで買収

インド最大手のITサービス事業者Tata Consultancy Servicesは8日(現地時間)、米金融大手シティグループのBPO部門を買収すると発表した。

インド最大手のITサービス事業者Tata Consultancy Services(TCS)と米金融大手シティグループは8日(現地時間)、シティのインドを拠点としたBPO部門Citigroup Global Services Limited(CGSL)を買収する合意に至ったと発表した。

 発表によると、買収金額はおよそ5億500万ドル。さらにTCSは今後9年半にわたって、シティから25億ドルのアウトソーシングサービスなどを受注する。買収は今期中に完了する見通し。

 シティグループのbanking and financial services sectorに所属するCSGLでは、1万2,000名の従業員を抱えており、2008年度は2億8,700万ドルの売り上げを見込む。

 TCSのCEOであるRamadorai氏は「TCSのランドマーク的買収」として、大型買収のシナジーを強調。シティグループも中核事業への資源の集中を進めており、その一環となる。

BPO・シェアードサービス ジャンルのトピックス

BPO・シェアードサービス ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!