開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2009/10/21

Linux創始者リーナス・トーバルズ氏が来日、クラウドなどについて語る

Linux創始者として著名なリーナス・トーバルズ(Linux Torvalds)氏が、The Linux Foundation主催のイベント「Japan Linux Symposium」の開催に合わせて来日し、報道関係者向けの質疑応答に応えた。リーナス氏のほか、日本のLinux普及にひと役買ったテクニカルアドバイザリボードのジェームズ・ボトムリー(James Bottomley)氏も回答。Windows 7やクラウドにも言及したQ&Aセッションの要旨をご紹介する。


リーナス・トーバルズ氏


──Linux開発でもっとも苦労した点は?

リーナス氏 非常に多くの人が開発に携わる中、整合性をとって、継続していくことを考えることが苦労というより、面白かった点だ。18年間同じようなことをやってきたが、多様な人々といかに協力できるのかを考えていた。

ジェームズ氏 リーナスにいかに苦労させるかという点だろう(笑)。日本は世界とはまた違った視点が必要で、たとえば組み込みなど、他の地域では使われていない分野での利用をリーナスやコミュニティに気づきを与える点が重要だった。(オープンソースソフトウェアの開発手法は)日本にカルチャーショックを与えることになったが、メーリングリストで真実を語り合うことや、徹底的に議論を交わすことで、現在では日本の開発者がトップメンテナーとして、今回のシンポジウムでも登壇している。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!