開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/03/03

【CRM市場調査】不況下でも前年比4.1%増の173億円、セールスフォースが初めて市場シェアトップに

矢野経済研究所の調べによると、2009年のCRMパッケージライセンス市場は、前年比4.1%増の173億円だった。CRM市場は不況下でも堅調な伸びを示した。

 矢野経済研究所の調べによれば、CRM市場は不況下でも堅調な伸びを示した。市場成長の理由として同社では、(1)オンデマンド型(SaaS型)ベンダーの成長がCRM市場全体を牽引している点、(2)顧客との関係維持や営業効率向上といった導入効果への期待からCRMパッケージが選択されている点、という2点を挙げている。

 矢野経済研究所では、2010年以降も前年比5%増程度の成長を維持し、2012年には207億円に達すると予測している。

 2009年はオンデマンド型(SaaS型)が前年比で9.3%増、オンプレミス型(自社運用型)が0.2%増で、オンデマンド型の伸びが大きく同市場を牽引。オンデマンド型CRMを提供するセールスフォース・ドットコムは、2009年、初めてCRM市場全体でシェアトップとなった。矢野経済研究所では、2010年以降もシェア1位を維持するとみている。

 矢野経済研究所によれば、オンデマンド型がCRM市場に占める比率は順調に増えており、2009年で45.0%、2011年にはオンプレミス型を上回ると予測。オンプレミス型CRMは、カスタマイズが柔軟である、他システムとの連携が容易である、大規模かつ長期間利用する際にはオンデマンドよりコストパフォーマンスが良い場合がある、などの理由から選択されているという。
photo
CRMパッケージライセンス市場規模推移

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!